2020年09月24日

京阪石坂線昇圧前

掲載内容にまるで一貫性がないですが、古いポジのデータ化作業続きです。1997年8月22日、京阪電車石山坂本線近江神宮前駅で、錦織車庫へ入庫する電車を撮影していました。
当時、京津線の三条ー御陵間が地下化されて京都市営地下鉄と相互乗り入れ、京都市内の路面区間は廃止となる直前の頃です。10月の乗り入れ後は架線電圧が1500Vに昇圧されるので、600Vの吊りかけ車は廃車となります。京津線には600形、700形の冷房車が導入され、260形、350形の吊りかけ非冷房車は石山坂本線のラッシュ時を中心とする運用になっていました。なお、キャプションの駅名と撮影日は省略です。

20200924a_19970822b.jpg
これは近江神宮前折り返し営業電車。 265-266

20200924b_19970822b.jpg
石山寺行 265-266  坂本行 357-356

20200924c_19970822b.jpg
坂本行きは先に出発、石山寺行きは出発時刻待ち

20200924d_19970822b.jpg
近江神宮前止めがやってきた。 353-352

20200924e_19970822b.jpg
回送入換 352-353 入換信号機に従って進む。

20200924f_19970822b.jpg
NTTラッピング 石山寺行 618−617  近江神宮前
この頃からラッピングやっていたのですね。でも路面電車系の車体広告は、かなり昔から行われていたような気がします。

20200924g_19970822b.jpg
石山寺行 出発 617−618

20200924h_19970822b.jpg
 貨物電車122号  10月で廃車です

20200924k_19970822b.jpg
10月から京津線を走る800系 8本が出そろっています。

20200924m_19970822b.jpg
錦織車庫寸景  左奥に800系  605-606  122

600形は600V−1500Vの複電圧仕様の電車で、昇圧後、現在も走り続けています。

2020年09月24日 23:00 | コメント(0) | 古いネガから

2020年09月23日

琴電71号のこと

モデルワムから発売された琴電71号をホビーメイトオカで購入しました。簡単な車体キットだったので適当な自由形にしても良かったのですが、実物がまだあるらしいと知って琴電へ見に行きました。

20200923a_19861108img_0036.jpg
 71号 平木の側線にて  1986年11月8日撮影

20200923d_19861108img_0040.jpg
 71号 平木の側線にて  1986年11月8日撮影

留置なのか、休車なのか、よくわからないですが、相当劣化が進んでいる状態でした。屋根は剥がれ落ち、側板は腐食が激しく、台車周りには植物がまとわりついていました。このまま廃車の運命かと思われました。


20200923c_19940827_img_b_0009.jpg
 71号 仏生山工場  1994年8月27日撮影

車輛不足のため71号を復活させるという情報を聞き、仏生山工場を訪れました。話を聞くと、留置中でも下回りには注油は続けてあり、動かすことができるようになるということです。見かけの劣化ではわからないもんですね。

20200923b_19970618_img0805.jpg
 71号 瓦町留置線  1997年6月18日撮影

1996年に復帰して営業に着いていました。貫通扉は鋼製Hゴム窓になり、窓枠はアルミサッシ化、客扉は留置時代からHゴム窓でしたがドアレールがなくなっています。不足していた側板は修繕、屋根も張り替え、縦樋ははずされ、ヘッドライトは大型の中にシールドビーム化となっています。

手間暇かけて修繕復活した71号でしたが、名古屋市交通局からの車輛増備により、2000年10月に廃車となっています。
タグ:琴電
2020年09月23日 23:00 | コメント(0) | 古いネガから

2020年09月22日

デコーダ搭載

スキャナ作業の日々が続いていましたが、久しぶりに模型工作らしいことをしました。作業をしたのは9月19日です。

20200922a_P1040077.JPG
西大寺鉄道の流線型キハ2へデコーダを搭載しました。 ロクハンのA053 小型汎用タイプ を使っています。キワ90に使って問題発生しましたが、はたして西大寺ではどうか。キワと西大寺でモーターは異なります。

20200922b_P1040079.JPG
ミント缶DCCコントローラで動かしてみる。


フルスロットルにはしていませんが、今のところ暴走はないようです。

20200922c_P1040097.JPG
 公式写真撮影。


2020年09月22日 23:00 | コメント(0) | 1/87・10.5mm

2020年09月21日

琴電引退車

NetMeetingとか軽便祭に気をとられていましたが、高松琴平電鉄のレトロ電車が引退するそうなので、レトロ扱いになる前の写真を探してきました。前世紀にはよく行ってたのですが、ここ十年以上は訪れてないので、旧型車をたくさん連結してイベント走行するような写真はありません。
琴電はホームページのロゴにも使わせてもらっています。TMSコンペで準佳作をいただいて、519号表紙に掲載された71号です。

さて、引退するのは20形23号と5000形500号の2両という情報です。

20200921a_19861108img_0019.jpg
 23号  瓦町駅留置線  1986年11月8日撮影

もう30年以上前のネガカラーで、劣化が進んで眠たい感じの写真になってます。いや、実際このくらい褪色ぎみの車輛が多かったのです。

20200921b_19861108img_0090.jpg 
 21+23  瓦町駅  1986年11月8日撮影  彩度上げ気味

20形21号〜24号は近鉄南大阪線の前身である大阪鉄道が大正14年に新製したもので、近鉄ではモ5621形として昭和35年まで使用、その後昭和36年に琴電が車体だけ購入し、信貴生駒電鉄から購入した台車を組み合わせて昭和37年から琴平線で活躍を開始しました。近鉄時代は前面非貫通5枚窓で緩い曲面となっており、客室窓上幕板部に半月形の飾り窓がありました。琴電では前面が貫通式3枚窓に改造され、幕板部の飾りもなくしてしまいましたが、22号だけが飾り窓の痕跡を残すような形になっていました。

20200921c_19880110img_0024.jpg
 飾り窓の痕跡がある 22号 瓦町留置線  1988年1月10日撮影

20200921e_19970618_img0818.jpg
 22号  1997年6月18日撮影  今橋検車区
1988年〜1997年の間に改造されて飾り窓の痕跡はなくなっています。

2006年に21,22,24が廃車され23だけがレトロ車として在籍していました。


20200921c_19970618_01.jpg
 500号 高松築港駅  1997年6月18日撮影

こちら500号も引退するそうです。琴電生え抜き車で昭和3年に500・510・520の3両新製、当初は制御客車でしたが昭和29年に電動車化されています。

20200921d_19970618_06.jpg
 500号 瓦町駅 1997年6月18日撮影

1984年に520号が廃車、1998年に510号が廃車され500号だけがレトロ車として在籍していました。

4両の内2両が引退、HPによれば譲渡先が決まっているそうなので、どこかで静態保存されるのかな。残るは1000形120号と3000形300号ですね。
タグ:琴電
2020年09月21日 21:00 | コメント(0) | 古いネガから

2020年09月20日

バラスト撒きながら

9月19日土曜日、所属クラブの NetMeeting 、19回目です。

20200920a_P1040087.JPG
 酒を置いてますが、このあとHOn3線路にバラストを撒く作業を始めました。作業中の写真は撮ってない。もしかしてレコーディングに残っているかな。

20200920b_P1040106.JPG
バラスト撒き完成画像

20200920a_P1040099.JPG
 運転ボードの10.5mmゲージエンドレスに組み込み。

 この画像と動画で「エア軽便祭2020」に参加。

20200920d_P1040108.JPG
 ありがたや。 公式さんにリツイートしてもらえた。 初参加成功です。

直リン貼ってみけど、ここから入れるかな?
   削除しました

上記リンクは削除、下記リンクからだと入れるようです。
2020年09月20日 16:00 | コメント(2) | 1/87・10.5mm

2020年09月19日

原色とびわこ号色塗装

びわ湖鉄道歴史研究会へ参加しました。会場は大津市生涯学習センターです。

今日は石坂線のびわこ号塗装電車が撮れたらラッキー、と考えてOM-Dを持って行きました。

20200919a_P9190441.JPG
 京阪山科で上り電車待ちしていると、下り線にやってきたのは原色編成803−804F

20200919b_P9190443.JPG
いきなりラッキーですなぁ。大津線 鉄道むすめキャラの石山ともか氏と並んだところ。

20200919c_P9190471.JPG
上り電車の先頭に乗る。終着の浜大津の急カーブ。路面でもカントはあるのか?

20200919d_P9190473.JPG
線路を見るとカントがついているように見える。電車は若干内側に傾くけど、遠心力の方が強くて外側にも傾きながら、ユラユラと浜大津駅へ進入。

石山坂本線に乗り換え。

20200919e_P9190478.JPG
膳所本町下車。 乗ってきた電車をお見送り〜。 617−618

20200919f_P9190479.JPG
ホームを移動。 坂本行き電車が来た。 701−702

時間の関係で、次の上り電車まで撮影して終了することにする。

20200919g_P9190484.JPG
 おぉっ! ラッキーが続く。 びわこ号色塗装電車登場。 膳所本町12:43くらい。

20200919h_P9190486.JPG
 603−604  膳所本町 待たずに撮れる京阪電車でした。

しかし車内は他の600形と特に変わりはないそうです。撮っただけで乗れてないので聞いた話です。乗客では、「なんか違う色の電車が来た」くらいの印象のようです。ラッピング車が多いので、その仲間くらいのとらえ方でしょう。特製ヘッドマークはついていますが、駅ポスターもないようだし、車内吊りや壁面にも説明はないそうです。2024年までこの塗装で走るので、60形びわこ号との関連がわかる啓発モノがあると良いなと思われます。

乗車記録
醍醐11:49東西線5609山科
京阪山科12:10京津線812びわ湖浜大津
びわ湖浜大津12:26石坂線618膳所本町
膳所本町16:12石坂線613びわ湖浜大津
びわ湖浜大津16:25京津線802京阪山科
山科16:45東西線5316醍醐



2020年09月19日 19:00 | コメント(0) | 京阪

2020年09月18日

更地にした後すぐに

所属クラブのNetMeetingの賑やかしとして、運転ボードに線路を敷いて適当に走らせながらiPhoneで中継を試みていました。

20200918a_P1040069.JPG
数ヶ月間敷きっぱなしで、塵もかぶっているので、分解掃除することにします。

20200918b_P1040071.JPG
線路は掃除機をかけて収納箱へ。レール清掃は次に使うときに。

20200918c_P1040073.JPG
物置状態でもありましたが、一旦更地にしました。

軽便祭も近いので、すぐに次の線路を敷くのではありますが。

20200918d_P1040082.JPG
しばらく使っていなかったHOn3の自作組線路でエンドレスを敷きました。黒石道床付線路はR480なので、定尺運転ボードのサイズではエンドレスを敷けないのです。

20200918e_P1040083.JPG
 10.5mmゲージでこんな感じかな。 グリーンボイラーをアナログで走らせるか、それとも西大寺キハをDCC化するか。

2020年09月18日 23:00 | コメント(0) | 1/87・10.5mm