2020年09月24日

京阪石坂線昇圧前

掲載内容にまるで一貫性がないですが、古いポジのデータ化作業続きです。1997年8月22日、京阪電車石山坂本線近江神宮前駅で、錦織車庫へ入庫する電車を撮影していました。
当時、京津線の三条ー御陵間が地下化されて京都市営地下鉄と相互乗り入れ、京都市内の路面区間は廃止となる直前の頃です。10月の乗り入れ後は架線電圧が1500Vに昇圧されるので、600Vの吊りかけ車は廃車となります。京津線には600形、700形の冷房車が導入され、260形、350形の吊りかけ非冷房車は石山坂本線のラッシュ時を中心とする運用になっていました。なお、キャプションの駅名と撮影日は省略です。

20200924a_19970822b.jpg
これは近江神宮前折り返し営業電車。 265-266

20200924b_19970822b.jpg
石山寺行 265-266  坂本行 357-356

20200924c_19970822b.jpg
坂本行きは先に出発、石山寺行きは出発時刻待ち

20200924d_19970822b.jpg
近江神宮前止めがやってきた。 353-352

20200924e_19970822b.jpg
回送入換 352-353 入換信号機に従って進む。

20200924f_19970822b.jpg
NTTラッピング 石山寺行 618−617  近江神宮前
この頃からラッピングやっていたのですね。でも路面電車系の車体広告は、かなり昔から行われていたような気がします。

20200924g_19970822b.jpg
石山寺行 出発 617−618

20200924h_19970822b.jpg
 貨物電車122号  10月で廃車です

20200924k_19970822b.jpg
10月から京津線を走る800系 8本が出そろっています。

20200924m_19970822b.jpg
錦織車庫寸景  左奥に800系  605-606  122

600形は600V−1500Vの複電圧仕様の電車で、昇圧後、現在も走り続けています。

2020年09月24日 23:00 | コメント(0) | 古いネガから