2020年09月25日

近江神宮前の入換作業

京阪石坂線昇圧前、1997年8月22日の続きです。
朝の運用を終えた260形、350形は、近江神宮前行きとなって運用終了、入換作業をして錦織車庫へ入庫します。キャプションの駅名と撮影日は省略です。

20200924n_19970822b.jpg
下り近江神宮前行 入庫車 263−264

20200924p_19970822b.jpg
方向板をはずします。  264−263

20200924q_19970822b.jpg
入換信号に従って進行 264−263

20200924r_19970822b.jpg
本線を渡って上り本線へ入ります。石山寺方向が上りです。 264−263

20200924s_19970822.jpg
本線から錦織車庫へ入っていきます。  264−263

20200924t_19970822.jpg
つぎの入庫電車がやってきました。 355−354

20200924u_19970822.jpg
窓から方向板をはずして中へ取り込み。車掌氏によってさまざまなやり方。 354-355

20200924w_19970822.jpg
  604−603           354−355
上り線へ転戦して入庫しますが、その間にも下り線には入庫車がやってきました。

604−603 は びわこ号色塗装 になった編成です。

20200919g_P9190484.JPG
604−603 は新造名義ではありますが、車体の主要部は 300形 304−303 を使っています。

20200925c_300.jpg
臨時急行 浜大津行 304−303 上関寺駅  1968年4月21日撮影
モノクロネガをカラー化するサイトで色をつけてみました。黄と赤の特急色でした。

大津線300形の元になった電車は1924年大正13年、梅鉢鉄工所で新製、鉄工所なのに木造車です。新造時は1000型となっていました。

びわこ号塗装の604−603 の履歴は
新造1010→改番310→機器流用車体新造304→車体流用・新造扱604
新造1008→改番309→機器流用車体新造303→車体流用・新造扱603




2020年09月25日 19:00 | コメント(0) | 古いネガから