2020年11月09日

C56周回運転

デコーダ載せ替えのC56ですが、直線での試運転はできたので、運転ボードのエンドレスを周回させてみます。

20201109d.jpg
TILLIGのR353エンドレスですが、デコーダとは関係なく、もともとの通過性能としてこの曲線はきびしいところです。以前の運転会では右回りでの周回は可能でしたが、左回りはどこかがショートしたりします。また、バック運転はこの曲線ではできないようです。
R353では動輪3軸のうち第2動輪に無理がかかっているようです。

20201109b.jpg
TILLIGのTT/H0m用線路はゲージが12.1mm前後なので、日本型1067mmゲージの1/87を走らせるには少し狭いです。曲線もスラック不足ということになります。

20201109c.jpg
テンダのライトも点灯確認。
ボイラ側先頭にして右回りで周回させてみます。

曲線〜直線のところで動きに無理がかかっているようですが、何とか周回することができます。

20201109e.jpg
貨車を数両連結して牽引させてみます。

R353エンドレスで前向きの周回に関しては、右回りは何とか周回可能、左回りの動画は撮っていませんが、ショートが発生して周回困難でした。

C56ではバック運転をしてみたいところですが、R353では無理なようです。

デコーダやコマンドステーションに悪影響を及ぼしそうです。今のところデコーダは無事です。
ポイントの分岐側へ入れてみましたが、S字になるところで不具合発生しました。
そんなわけで、デコーダ交換してもR353ではちょっときびしい走行なのは変わりませんでした。
TILLIGからはR396が発売されているので、それを導入してみましょうかねぇ。

とりあえず次、は曲線半径の大きなIMON線路で確認してみることにしましょう。
2020年11月09日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm