2021年01月17日

KATO6番ポイント京阪走行2

1月16日土曜日、所属クラブの NetMeeting 、39回目です。

20210116d.jpg
21:30 用意した自分の飲食物は終了してしまいました。

さて、京阪700形というか、輪軸と線路の考察続きです。
もう一度2015年の走行を詳しく調べてみると、この編成と同じで706号の連結側台車が脱線しています。701号は両台車ともフログを通過できていました。今回の脱線とは少し状況が違っていたようです。

線路と輪軸の寸法的にはどうでしょうか。

20210117c.jpg
輪軸は日光製10.5mm径ナット止めスポーク輪芯プレーン軸、軸長25.4mm、軸端径1.4mm、B=14.8mm、N=2.4mm、T=0.6mm、W=N−T=1.8mm、D=0.55mm、K=B+T=15.4mm となっています。台車枠に対して輪軸の左右ガタが0.5mm程度あるようです。
WB24.5に取り付けたパワトラ用スポーク輪軸は軸長24.9mm、軸端径1.2mm、BNTWDKの寸法は同じです。

20210117a_KATO_HO_UNITRACK_CODE83_6ban_a.jpg
KATO6番ポイントは G=16.8mm、C=15.2mm、S=13.6mm、F=1.62mm、H=1.3mm、P=14.9mm となっています。なおNMRA Standards S3.2にはまったく準拠してない寸法です。
日光スポーク輪軸はバックゲージが広く、KATO6番ポイントはフランジウェイが広い、という組み合わせです。フログでの通過条件で重要なチェックゲージは K=15.4mm>C=15.2mm となってしまいます。フログに対してガードレールの効果は期待できないので、直線側へ割り込む可能性が高いです。

フログ通過の様子を近寄って動画で撮ってみました。

フログ通過時の輪軸の状態を正面から撮ってみました。
20210117d.jpg
フログ側車輪はフィレットで何とか通過できている状態でしょうか。

20210117e.jpg
台車全体がフログ側へ寄っていると、落ち込んだ後でフログ尖端に当たって乗り上げて脱線すると思われます。

台車に組み込んで車輛に取り付けると、台車内での輪軸左右動も影響があると考えられます。また、線路対輪軸の寸法的なことだけでなく、寸法的には通過できないようでも実際には走ってしまったりして、車輛全体の動きの影響を受けやすくなります。また連結して走らせると、連結器からの力や台車の動力の有無なども影響ありそうです。


2021年01月17日 23:00 | コメント(5) | 1/87・16.5mm