2021年02月23日

電源修理

池袋鉄道模型芸術祭用レイアウトで運転確認の続きです。電源コネクタの不調を発しているDCS50Kの修理を行います。

20210223a.jpg
ケース裏側のネジをはずして中を拝見。電源部と制御部はケーブルでつながっています。

20210223b.jpg
電源コネクタは右から二つ目ですが、目視ではコネクタと基板のハンダ付け不良や劣化ということはなさそうです。動かしてみたりして、中央のプラスピンとラグ板のカシメがゆるいのではないかと思われます。

20210223c.jpg
ケーブルはコネクタではなく基板に直接ハンダ付けされているようで、はずすことはできません。基板はネジ止めなので下側ケースから電源部をはずすことはできました。

20210223d.jpg
基板の裏側を見てみました。 PIC16LF系を搭載しています。

20210223e.jpg
電源コネクタの金具にハンダを流しておきました。

仮組みしてコネクタの状態を確認

20210223f.jpg
上側ケースのパネルが浮き上がって凹凸になっているので、一旦めくってしまって接着剤で取り付けておきます。

20210223h.jpg
裏のネジを固定して、はずしていたゴム足を両面テープで取付。

20210223g.jpg
パネルの保護シートも傷やよごれで見にくくなってきていたので、めくってしまいました。

DCS51Kもあるのですが、電源の関係でポイントマシンの2コ同時転換ができないため、DCS50Kの方を使っています。
2021年02月23日 23:00 | コメント(0) | 模型技法