2021年11月29日

地すべり見学

研究会の有志ツアーで社会見学に行きました。

20211129b.jpg
154キロポストの建つホーム、側壁にはスロープ跡があるようです。

20211129a.jpg
河内堅上駅にはためく幟

20211129y.jpg
資料地図 今昔マップon the webより
左:明治44年2月18日発行1:20000古市
右:現行地理院地図 同尺度連動

20211129c.jpg
現在線はカーブの先、大和川を渡ります。
明治25年の開通時は正面向こうの山へ進んで亀瀬隧道へ入っていました。

20211129d.jpg
このあたりの対岸(南側)に砂利採取場がありました。
大和川を吊り橋で越えて積み出し用ホッパで貨車に積んで運搬していたようです。

20211129z_19731216img_030.jpg
48年前、1973年12月16日の撮影。積み出し用引込線があった。

20211129x.jpg
河内堅上駅配線図 1975年頃 左が奈良、右が大阪、上が南で大和川

20211129w.jpg
1974年頃の空中写真 今昔マップon the webより
左下が河内堅上駅、中央付近が採取場
本線から右に分岐した積み出し線の先にホッパがある

20211129f.jpg
第四大和川橋梁を見学

20211129g.jpg
第四大和川橋梁の橋脚に設置、2019年土木学会選奨土木遺産に指定

20211129h.jpg
旧線路跡を歩いて亀の瀬地すべり資料室へ向かう
この付近は急傾斜地崩壊危険区域に指定

20211129k.jpg
秋深まる亀の瀬

20211129m.jpg
亀の瀬地すべり資料室 館内に解説展示があります
管内で係員氏の解説の後、誘導されて見学に向かいました

20211129e.jpg
見学解説中の一シーン

20211129p.jpg
明治のトンネル見学中
歴史を経て発見された旧大阪鉄道亀瀬隧道坑内
頂部は蒸気機関車の排煙による煤が付着

地すべり対策事業の一部を説明を受けながら順次見学

20211129n.jpg
「亀の瀬」の名がついている元の亀岩


乗車記録
醍醐8:30東西線5517六地蔵
六地蔵8:41普通クモハ221-43木津
木津9:22大和路快速クモハ221-17王寺
王寺9:50普通クハ201-125河内堅上
河内堅上14:12普通クモハ221-37久宝寺
久宝寺14:28大和路快速モハ220-49新今宮
動物園前14:51堺筋線66302扇町
扇町16:35堺筋線66302北浜
北浜16:49特急8004中書島
中書島17:30普通13653六地蔵
六地蔵17:45東西線5204醍醐
2021年11月29日 23:00 | コメント(0) | 実物鉄道一般