2022年06月23日

土電623

6月23日、また日付遊びネタに戻ります。

20220623a_19800826.jpg
土佐電鉄623号 1980年8月26日撮影

方向幕と方向板と両方使っています。

タグ:日付ネタ
2022年06月23日 23:00 | コメント(0) | 古いネガから

2022年06月22日

街道鉄道軌道立体交差

所用で大津へ出かけました。京阪京津線電車座席からの車窓撮り。

20220622a.jpg
旧東海道線追分築堤をくぐります。街道の東海道があって、街道をまたぐように鉄道の東海道線ができて、その下を軌道の京津電軌ができて、鉄道の東海道線は勾配緩和のため新線へ移動して廃線、その跡地を名神高速道路に使った、という順番の立体交差点です。

20220622b.jpg
旧東海道線上関寺架道橋の下をくぐります。
ここも街道の東海道があって、その上を鉄道の東海道線を敷いた、そのスキマをくぐって軌道の京津電軌を敷いた、東海道線は新線へ移動して廃線、その跡地利用の国道1号線が複雑にからんだ立体交差点です。

20220622c.jpg
関蝉丸神社付近  京津線は左が上栄町方向、右が京都方向
向こうの緑の橋が街道の東海道、軌道の京津電軌は街道上に敷く計画だったけど、勾配緩和のためSカーブ連続で専用線路を敷いた。その下を新しく逢坂山トンネル掘って出入口にした東海道線という順の立体交差点です。

20220622d.jpg
会場は紺屋ヶ関を埋め立てて作られたところ。
ここでの関は、街道の関所ではなく、船からの荷揚場のことで、江戸時代、大津の湖岸には十数カ所の関がありました。

20220622f.jpg
今は京阪電車の踏切ですが、先に明治の官営鉄道が敷かれたところ。

20220622e.jpg
鉄道史料より。
1067mmゲージ単線で紺屋ヶ関駅がありました。そこへ大津電車軌道が1435mm線路を敷いたのです。

20220622h.jpg
紺屋ヶ関踏切から浜大津駅方向。ここから1067mm線路は分岐していました。留置線の終端がちょっと曲がっているのは、そのなごりかな。
フェンスの右側はびわ湖岸でした。右の青緑建物はびわ湖ホテル。柳が崎にあったけど、浜大津埋め立てして移ってきました。

20220622g.jpg
紺屋ヶ関踏切の警報機 左が坂本、右が石山寺
矢印ランプは上が上り列車の方向、下が下り列車の方向で京阪ルールです。



乗車記録
醍醐10:19東西線5614山科
京阪山科10:30京津線802びわ湖浜大津
びわ湖浜大津10:46石坂線612島ノ関
びわ湖浜大津14:48京津線852京阪山科
山科15:13東西線5117醍醐
2022年06月22日 23:00 | コメント(0) | 京阪

2022年06月21日

新入荷

日付がらみでも何でも無いのですが導入しました。

20220621b.jpg
かなり前の製品で、もう出ることはないかと思ってたのですが、入手機会がありました。

20220621c.jpg
取説を見ると、2003年10月と記されているので、19年前の製品ですか。
W工芸なので走るかなと期待しているのです。

20220621d.jpg
これがあるのですが、1年くらい前に分解してそのままになっています。

20220621e.jpg
遠い過去に、みどりやの16番のを組んだのですが、いつの頃か手放してしまいました。

タグ:MW 銚子デキ3
2022年06月21日 23:00 | コメント(2) | 1/87・12mm

2022年06月20日

模型店閉店

定期購読の本が届きました。

20220620b.jpg
「明かり窓から漏れる照明」というのはダブルルーフ車の魅力ではありますが、明かり窓は車内へ日照を取り入れるのが目的だと思われるので、車内の灯りが漏れるのを外から見て楽しむというのは、いかにも模型での楽しみ方ではあると思うのです。
照明下でも点灯がわかる車内照明というのは難しいですね。

20220620c.jpg
5月の運転会の報告が掲載されていました。

20220620a.jpg
大阪梅田のマッハ模型、静かに終了されたようです。
公式Twitterより。
お疲れ様でした。
北千里、ドーチカ、旭屋、太融寺 と移転したけど、16番模型と盛衰を共にしたお店でした。

2022年06月20日 23:00 | コメント(0) |

2022年06月19日

鏡文字ギター教室

6月18日土曜日、所属クラブの NetMeeting 、第118回です。

20220618a.jpg
このあと、少しずつ参加人数が増えていきます。

20220618b_19930418PKL_0005.jpg
二つ目の背景に用意した嵐電の118号→116号 1993年4月18日撮影

右側のギター教室の鏡文字看板は、有名というほどではないですが、それなりに知られているところでした。2007年までここの近くに居住していましたが、転居してからは見に行ってない。駅のホームも位置が変更されたようだし。
この看板が今でもあるのか検索してみると…



2017年い閉業されて、建物も取り壊されたという情報が得られました。


<6/24追記> 118号は見間違いで116号でした。

2022年06月19日 23:00 | コメント(0) | 古いネガから

2022年06月18日

背景用画像

所属クラブのNetMeetingでは、いつの頃からか、開催回数に応じた関連画像を背景に使うという楽しみが行われています。
次回は118回目なので、118に関連した番号とか系列とかを撮ってないか探しました。
阪急のP−6で118を撮ってないか探しましたが、どうも撮ってないようです。
嵐電の118号があるのですが、嵐電ばっかりが続くのでこれは予備として、他にはないのかと…
117系の次は119系があるか、確か辰野かどっかで撮った記憶が…

で、この編成なら2回分使えるじゃないか!
20220618c_19860322img_10.jpg
クモハ119-25−クハ118-27  塩尻駅 1986年3月22日撮影

幸い、クモハとクハの両方向から撮っていたので、次回はクモハ119を使います。





タグ:Netmeeting 119系
2022年06月18日 23:00 | コメント(0) | 古いネガから

2022年06月17日

調べ物史料

昔のことで調べたいことがあって史料を導入しました。

20220617a.jpg
地域で定期的に配布されていたのでしょうか。

20220617b.jpg
こちらはちょっと古めの日本交通公社時刻表です。

2022年06月17日 23:00 | コメント(0) |