2022年07月31日

線路交換

7月30日土曜日、所属クラブの NetMeeting 、第126回です。

20220731HOJC.jpg
参加者多めでした。

マルチゲージレイアウト線路板の修理です。
20220731a.jpg
6.5mmゲージの曲線で道床が欠けてしまってます。
7月運転会ではそのままつないで使用しましたが、破損が拡がる可能性もあるので、交換することにします。

20220731b.jpg
路盤裏からネジ止めしているので、ネジをはずせば線路がはずれる。

20220731c.jpg
新しい線路に取り替えます。

20220731d.jpg
裏からのネジ止め作業。

20220731e.jpg
交換終了。となりとの接続を確認しておきます。

2022年07月31日 23:00 | コメント(0) | 模型線路

2022年07月30日

HOユニトラックの取付穴

ユニトラック取付作業の続きです。

20220730a.jpg
現物合わせで取付穴をあけます。目立たないように0.5mm径で位置決め穴だけです。

20220730b.jpg
複線間隔を測定しながら位置決めを進めます。

20220730c.jpg
R790とR730の複線カントつき線路を取り付けました。

20220730d.jpg
ネジは2.3mm径×5mm長 丸頭タッピングねじです。
全体として位置決めのズレに対応できるように、穴は2.4mm程度に拡げて微調整します。

20220730g.jpg
この状態で架線柱のアタリ具合を調べてみます。
1/87の25m級車輛を使います。
カントで内側に倒れるので、屋根肩部が接触するようです。
やはりワイドタイプが必要か。

20220730e.jpg
可動ビームタイプではどうか。

20220730f.jpg
やはり屋根肩部が当たるので位置調整が必要。

20220730h.jpg
外側はオーバーハングの寸法にもよるが、0系新幹線では当たることはなさそう。


2022年07月30日 23:00 | コメント(0) | 模型線路

2022年07月29日

HOユニトラックの取付穴

線路板を作り直すことにしたけれど、最近のカント付きは裏側はどうなっているのか。取付穴寸法は同じでいけるかどうか調べてみます。

20220729a.jpg
7月3日運転会以降、自動車に積んだままにしていた線路を運び出しました。

20220729f.jpg
R790とR730の複線を合板に取り付けたものです。
調べてみるとユニトラック初期バージョンのものと、枕木を一体でモールドした二代目?バージョンのものが混在しています。取付は道床を接着剤で直接合板路盤に取り付けていました。
劣化したら丸ごと取り替える方針だったようです。

20220729g.jpg
一部はネジ止めで取り付けているものがありました。
両端の取付穴だけを使ってタッピングネジで留めています。

で、結局その方針どおり、路盤から作り替えることになっています。

路盤への取付方法について、ネジ止めとして取替可能にしておく方法でつくるには、ユニトラックの取付穴位置をしらべる必要があります。取扱説明書にはネジ穴の位置図面や寸法は掲載されていません。KATOのサイトとかにあるのかどうか探したことはないですが、現物合わせで作る方が良さそうです。


20220729b.jpg
取付穴について従来品と同じになっているのか観察します。R790です。

20220729c.jpg
道床のモールド構造自体が異なるようです。取付穴位置もまったく異なります。
木枕木カントなし品をジグ替わりに使って路盤に穴をあけようと考えていたのですが、その魂胆はまったく通用しないことがわかりました。

20220729d.jpg
R730も調べてみます。というか違うのは推測つきますが。

20220729e.jpg
R730カント付きには真ん中の取付穴がないのですね。

両端くらいは共通かなぁと期待しましたが、木枕木は道床端から12mm、PCカントつきは10mmになっています。
PCカント付きのR790とR730では、両端穴の位置は10mmで共通のようです。

やはり、現物合わせでいくしかないです。
2022年07月29日 23:00 | コメント(0) | 模型線路

2022年07月28日

Webページ更新

幌別炭鉱鉄道の訪問記を高急グループWEBページに掲載しました。

7月25日に訪問した竹内氏のレイアウトです。このブログ、Twitter、FBに重複する内容や写真もありますが、前作品のレイアウト訪問記と同様、運転会ページへ掲載しています。

20220728b.jpg
運転会目次の一番上です。

20220728c.jpg
こちらは直リンです。
2022年07月28日 23:00 | コメント(0) | 模型一般

2022年07月27日

Webページ更新

先日の第78回HOJC運転会がHOJC WEBページに掲載されました。

20220727a.jpg
運転会の報告目次ページへリンクしています。

20220727b.jpg
高急グループの運転会ページも更新です。

タグ:HOJC
2022年07月27日 23:00 | コメント(0) | お知らせ

2022年07月26日

大谷から上栄町

大津の京阪電車を愛する会のワークで京阪大谷から上栄町まで逢坂山越えです。

20220726b.jpg
大谷駅で下車

20220726a.jpg
逢坂山トンネル大津側  線路保守担当が徒歩点検されていました

20220726c.jpg
大谷1号踏切  図昌天神川行 807F

20220726d.jpg
一旦水平になって右へ曲がると逢坂山トンネル  807F

20220726e.jpg
勾配を下るびわ湖浜大津行  815F

20220726f.jpg
京津線最急勾配 61.0‰

20220726h.jpg
関蝉丸神社下社から びわ湖浜大津行   811F

20220726k.jpg
東海道線との交差部  太秦天神川行  811F

乗車記録
醍醐9:20東西線5517山科
京阪山科9:37京津線852大谷
上栄町11:33京津線809京阪山科
山科11:58東西線5212醍醐

2022年07月26日 23:00 | コメント(0) | 京阪

2022年07月25日

幌別炭鉱鉄道訪問

別所臨海鉄道の作者たけたけさんの新しいレイアウト「幌別炭鉱鉄道」への訪問機会を得ました。

20220725a.jpg
久しぶりのおけいはん本線系  六地蔵駅 100054F

20220725b.jpg
#5.2 シングルスリップの記録

北浜経由日本橋で買い物して堺筋線〜阪急京都線

20220725c.jpg
千里線 淡路駅手前の状況

新築となった幌別炭鉱鉄道社屋へ訪問しました。

20220725f.jpg
レイアウト全景です。

20220725e.jpg
レイアウト全景です。

20220725g.jpg
持参した車輛を走らさせてもらいました。
アナログ車の方がが良い、ということで、適当に持ってきたキハ501+ハフ32

20220725h.jpg
C12はアナログのままだったので持参

20220725k.jpg
4110と機関区で並ぶ  撮り鉄氏?が来られているようです

20220725n.jpg
列車の到着待つ乗客の方々

20220725m.jpg
2021年佳作の楯 受賞された別所臨海鉄道は被災してしまって存在しません。

20220725p.jpg
最後に PEMP 流山16号機でセキを牽引

動画を撮ったり、プロ用ライティングで撮影してもらったりしましたが、とりあえず今日はここまで掲載。動画等は後日WEBページの方へ掲載します。


乗車記録
醍醐10:17東西線5515六地蔵
六地蔵10:36普通13006中書島
中書島10:44特急8102北浜
北浜11:29堺筋線7405恵美須町
恵美須町13:02堺筋線****淡路
淡路13:22普通****上新庄
上新庄18:18普通66216北浜
北浜18:49特急8504中書島
中書島19:32普通10654六地蔵
六地蔵19:50東西線5202醍醐

2022年07月25日 23:00 | コメント(2) | 1/87・12mm