2014年10月19日

機関庫扉修理

運転会の後始末作業をしているうちに、いつのまにか壊れているのを発見。
 
20141019a.jpg
ヘルヤンのレンガ単線機関庫ですが、扉の蝶番部分が折れてしまいました。
いっそのこと両扉とも外してしまう、という方法も考えましたが、金属線植え込みで修理出来そうな感じです。
 
20141019b.jpg
蝶番側と扉側に0.4mm径の穴をあけました。一番下は壊れてないので、そのまま利用します。
 
20141019c.jpg
0.4mm径の洋白線を差し込み、プラ用瞬着などを使いながら接続しました。
洋白線差し込んだところ撮るの忘れた。
 
20141019d.jpg
何とか回復できました。
 
2014年10月19日 23:00 | コメント(0) | 模型技法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。