2014年12月18日

KTM ED70 - (3)

カツミのED70の続きです。こちらもスカートを組んでいきます。
 
20141218a.jpg
ED70のスカートパーツです。
 
20141218b.jpg
スカートに取り付ける小物パーツの袋を開けてみました。ドアや手スリ、屋根上パーツも一緒に入っています。LやJに曲がった真鍮線の極小パーツもあります。
 
20141218c.jpg
カプラー座の高さが気になりましたが、一旦そのまま組んで見ることにします。
 
20141218d.jpg
プレス製の「ステップ支え」をつけて、その上にロスト製ステップをネジ止め、というややこしい構造。ロストで一体にできなかったのかな…。
 
20141218f.jpg
EF70と同様、車体アングルに床板と共締め方式なので、走行テスト用にネジとナットで仮設してみます。
 
20141218e.jpg
台車がスカートに当たることはないようです。
 
20141218k.jpg
カプラーはストック品のkadee#6をつけました。
 
20141218h.jpg
カプラー座は少し低めのようです。たまたまつけた#6が、シャンクを上向きに曲げ調整したものだったので、なんとなく合っているように見えます。
 
20141218g.jpg
こっちは無調整#6なので0.5mm程度低くなっています。低いのを高くするには、またバラしてカプラー座を削って…と面倒なので、このまま行くことにしましょう。
 
20141218m.jpg
運転ボードで通過テストします。
組説の図面では、カプラー座の高さがレール面から11.5mmになっています。
ベーカーの寸法ですから、そのままkadeeをつければ中心が10mmになるはずですが、若干低く組み上がってしまいました。まあパーツが図面と合っているかはチェックしてないので…。
 
タグ:KTM 電機 ED70
2014年12月18日 23:41 | コメント(0) | 1/80・16.5mm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。