2015年06月12日

サボ受け

以前に有馬急行電鉄さんから譲り受けた江若鉄道のサボですが、そのまま袋に入れて保存していました。窓際にでも掲示したいと考えていたのですが、懸案事項のサボ受けを作ってみることにしました。

20150612a.jpg
実物のサボ受けは金属製と思われますが、適当な金属材料もないので、手持ちあり合わせの木材で作ることにします。

20150612b.jpg
材料と脳内図面からそれらしき形に作ってみました。ちょっとゴツい感じもしますが、サボの重さは1枚で1.2kgあるので、それなりの受けが安心かと。
t2.5ラワンベニヤ合板と20×30朴角材の組み合わせ。木工用ボンドと皿タッピングネジの併用で組み立て。

20150612c.jpg
上からt3シナベニヤで止め板を木工用ボンドだけでつけました。
これで壁に取り付けて2枚を支えられるのか……

20150612d.jpg
とりあえず位置決めしてΦ4×20トラスタッピングネジ2本で取り付けてみました。
表面から角材を壁まで貫通してネジ止めが必要かなと思いましたが、これでも何とか支えられそうな感じです。

20150612e.jpg
1枚目、近江今津行きサボを入れてみた。特に危険な感じはない。

20150612f.jpg
重ねて高島町行きサボを入れてみた。何とか支えられそうです。

20150612g.jpg
阪急の特急標識とならべて撮影。
サボ受けは江若グリーンに塗るか、そのままにしておくか…

タグ:江若鉄道
2015年06月12日 22:59 | コメント(2) | 管理人ノート
この記事へのコメント
サボ受けは室内用としてはこのままの色がいいような気がします(おしゃれ)
Posted by ム at 2015年06月13日 09:48
コメントありがとうございます。
取り付けて実用にしてしまうと、あらためて塗るのも面倒ですね。(笑)
壁面とも違和感ないようなので、このまま「おしゃれ」で行きます。
Posted by ヤマ at 2015年06月13日 22:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。