2015年08月01日

猛暑京阪 - ポイント通過研究

エアコンを使わないと、こんな温度になります。

20150801a.jpg

京阪700形です。

20150801b.jpg
先頭床下のジャンパ栓、エアホースを取り付けました。実物のエアホースは車体妻板に直接取り付けてあるのですが、分解のことやパーツの流用のこともあり床下に納めることにしました。

20150801c.jpg
ゆうえんさんのコメントを参考に、二点支持の等角逆捻り機構をやめて、台車側枠と枕梁を動かないように固定します。非貫通側台車だけ加工しました。貫通側台車は元のまま二点支持が動くようにしています。

20150801d.jpg
運転ボードのフライシュマン線路で走らせて見ます。台車上のウエイトは無し。
はじめは固定台車枠を先頭に走らせて見ました。床板は安定して落ち込み無く通過できているようです。次に逆向きにして二点支持可動側を先頭に走らせて見ます。やはり外側へ脱線してしまいました。

このポイントはNEM規格だと思われますが、規格値よりもゆるめに作られているようです。フログ部はプラ成形の絶縁フログの上に洋白板が取り付けられ、フランジ走行をすることで通過と集電を確保する方式と思われます。フログ部のフランジウェイ幅Fは最小で1.6mm、フランジウェイ深さHは1.4mmであり、車輪幅N=2.4mmの日光製オプション車輪は落ち込んでしまいます。
また線路のチェックゲージC=G16.5−F1.6=14.9mm<輪軸のチェックゲージK=B14.6+T0.6=15.2mmになってしまっているので、割り込みの可能性が高くなっています。フランジウェイが広くて深いポイントを、車輪幅の狭い、フランジ低い車輪で通ろうというのですから無理があります。そんなわけでフライシュマンのポイントにはなじまない輪軸を、むりやり通してしまおう…という研究?というか遊びですね。ウエイトを搭載して通過できたのは、たまたまうまく行ったということでしょう。

2015年08月01日 22:04 | コメント(7) | 1/87・16.5mm
この記事へのコメント
「フログでの落ち込み」軽減は、やはり「4輪固定」が良いようですね。
しかし、フランジ走行しないと、折角の洋白板で集電出来ませんね?(汗;)
Posted by 廣瀬 at 2015年08月02日 05:43
さっそく実験していただきありがとうございました。
実験結果からみると、やはり「フログでの落ち込み」後の跳ね上げが脱線の原因のように思います。
番手の大きな曲線ポイントではレール欠損部が大きくなってしまうようなので、篠原のコード100#8カーブポイントでも、蒸機の先輪や軸重の軽い車両では脱線しやすいので設置時に調整が必要という話はどきどき聞きました。
フライッシュマンも番手の大きなポイントでは、ノーズ可動式を採用しているようなので、この問題はメーカーサイドでもよく認識しているのだと思います。
http://www.fleischmann.de/en/product/4517-0-0-2-1-0-0-005002/products.html
でもこういう理屈では無理なことを「遊び」で実験してみるというのが大切なのだと思います。
Posted by ゆうえん・こうじ at 2015年08月02日 10:32
>廣瀬さん
洋白板の部分のフランジウェイ深さHは1.1mm程度ありますので、集電効果を期待するにはそれなりのフランジ高さが必要ですね。
Posted by ヤマ at 2015年08月02日 11:47
>ゆうえんさん
欧州型ではどのくらいの車輪まで通過を許すか難しいところでしょうね。フライシュマンの線路ではフランジウェイがかなり広くとってあるので、ハイフランジ、広幅車輪を通過できるようにしているのでしょう。
Posted by ヤマ at 2015年08月03日 00:44
 皆さんのコメントも出揃ったようなので、当方が思い描いている全体イメージを吐露したい。

 フログで車輪が落ち込む寸法関係での対策は2つ。1つは4輪固定で、皆さんの仰る通り。もう1つはヤマさんが最初に採用された車重の増加で、NMRAのトレーラー重量推奨値が目安。それぞれを単独で採用すると、感じとして6分程度の安全性。両方共に採用すると9分まで上昇。モデルだったら、これで十分という見方もできる。
 ただし残る大きな危惧は、車輪とレールの衝突による飛び跳ね脱線。これに対しては、台車枠を弾性係数の低いプラスチックとすればだいぶ和らいで、安全性が9分9厘まで向上。あちらの連中が薄い#88車輪で“イケる”とホザいているのがコレ。
 残る1厘は、人命にかかわらないのだから無視。

 こんなものでいかがでしょうか。
Posted by ワークスK at 2015年08月03日 05:55
ワークスKさん
案外「薄い#88車輪で“イケる”」というのは本当かも??? プラの柔らかい台車は、有効なのかも知れません。

確かにKATOのTR23、TR47は、脱線しにくいです。プラ製でしかも「微妙な各部のガタ」が有ると、通常は4輪固定、衝撃が加わると4輪独立可動=飛び跳ねにくい、と言うわけで、魔法のように脱線しにくくなる、と感じているのは私だけでしょうか??? ただ、台車単体の性能では無く、ボルスターを含めた、車体との相性の成果のような気もします。
Posted by 廣瀬 at 2015年08月04日 01:51
>ワークスKさん
まとめていただいてありがとうございます。

1、2点支持の台車は枕梁ネジで固定して4輪固定にしてしまう。
2、M車のパワーに影響ない範囲でT車の車重も増やす。
3、台車枠の材質は…変えられない場合はそのまま行く。

このくらいで良いでしょうか。
日光のオプション車輪は#88に近いですね。
2.4mm÷25.4mm=0.094なので#93くらいか。
Posted by ヤマ at 2015年08月04日 02:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。