2015年08月02日

京阪床下

京阪700形です。 
ポイントの通過についてはひとまず置いといて、製作を進めることにします。

20150802a.jpg
使えそうなパーツは集めてあったのですが、詳しく検討するとそのままでは行けそうにありません。

20150802b.jpg
旧国用制御器を切りはなして、使えそうな形に整形します。

20150802c.jpg
空気側は図面や写真が豊富にあります。左が大阪方で、京阪でいうところの山側床下になります。
1/80用の機器を流用していますが、下に置いた1/87図面と比較しても、あまり大きさの影響は無いようです。ブレーキシリンダが大きい感じでしょうか。

20150802d.jpg
電気側床下は図面がありません。公式写真もない側なので、知り合いからの援助で提供してもらった写真が頼りです。右が大阪方で偶数車の川側床下になります。
遮断器と抵抗器は使えそうな形になりましたが、制御器と右の箱(何かわからない)はもう少し加工が必要です。

20150802e.jpg
別の材料から制御器を作りました。

20150802f.jpg
電気側の床下を並べて見ました。このくらいでヨシとしましょう。



2015年08月02日 23:00 | コメント(0) | 1/87・16.5mm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。