2015年10月22日

輪軸測定

今日の仕事はキャンセルさせてもらいましたが。一気に体調が良くなるほどでもないようです。ずっと安静もしんどいので、少しだけ趣味時間を。

20151021a.jpg
工作台線路に乗っていた銚子電鉄101の輪軸を測ってみました。

20151022a.jpg
IMON組線路の乗せて前から撮影したものです。

ミツトヨのアナログノギスで測ったデータはこんな感じ。
車軸長:14.8mm
踏面径:9.8mm
フランジ外径:11.0mm
B:10.4mm
N:2.25mm
W:1.75mm
T:0.5mm
D:0.6mm
K:10.9mm
踏面径は9.8mmですが、フランジ外径が11.0mmなので、フランジ高さが0.6mmになります。HOJC暫定規格のDmax=0.55mmを越えている車輪です。フランジウェイの浅いポイントだと、フランジ走行になる可能性もあるかな。

20151022b.jpg
IMONのポイントに乗せてみた。浮いている感じはないようです。

20151022c.jpg
ポイントのフランジウェイは0.7mm以上あるようで、フランジ高0.6mmのこの車輪も踏面走行できているようです。

タグ:銚子デハ101
2015年10月22日 22:35 | コメント(0) | 1/87・12mm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。