2015年10月25日

解放用具

GKM研究会へ行ってきました。最近の鉄道や模型の諸問題をネタに、語り合いながら飲食を行う会合といったところです。

20151025a.jpg
その席でワークスK氏からこのようなものをいただきました。軸にはACCUMATEとSWITCHMANという名称が入っています。サイトを見るとこれのようです↓
#1001 Switchman Uncoupling Tool 2 Pcs. $1.99
ケーディタイプのカプラーを任意の場所で解放するためのツールということです。Rixの磁石式は所持していますが、これは初めて見ました。

20151025b.jpg
こんなふうにして使うようです。ナックルのかみ合っているところへ差し込んで少しまわすと、ナックルを押し開いて解放するという動作です。線路のないところで試したので、うまくはずれないこともありましたが、慣れたらどこでも解放ができるというツールですね。711やイモンカプラーもはずせるかな?

乗車記録
醍醐16:41普通5112蹴上

タグ:GKM
2015年10月25日 23:00 | コメント(3) | 模型一般
この記事へのコメント
これは便利っぽいですね。 海外では活発に鉄道模型の便利グッツや製品が出ているのに、日本ではどうも・・・のような気がする今日この頃です。
Posted by ム at 2015年10月26日 06:32
Kadee #241 “DUAL TOOL” Manual Uncoupling Tool というのもあります。http://www.kadee.com/html/241.pdf カプラー解放とスプリング保持用の端と、反対側に#118シェルフカプラー解放用の細い端があります。どこかでオマケに貰ったのですがウチでは使っていないですね・・・
Posted by きんぎょ/中澤 at 2015年10月26日 09:56
>ムさん
向こうでは機関車交換や入換で遊ぶ人も多いようですね。この製品の持ち手側はポケットに差し込めるようになってます。

>きんぎょさん
ご紹介ありがとうございます。
ウチのはスプリングピックだけの製品だなぁ。
Posted by ヤマ at 2015年10月26日 21:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。