2015年12月20日

線路掃除

信号機実験線は掃除しないで走らせていたので、ここらあたりでクリーニングをすることにします。

20151220a.jpg
道床上のチリ、ホコリを吸引するため、クリーニングカーを出してきました。

ゆっくり押してていねいに回るのが良いかと思いますが、ファンの回転が低いので吸引力が低い感じもしますので、少し速度を上げて押しました。牽引すると、信号機センサーにクリーニングカーのトリップピンが当たって解放してしまいました。高さが規定より低かったようです。

20151220b.jpg
レールのクリーニングですがリグロインではなく、きんぎょさんから試供としていただいた GOO GONE を使ってみることにします。

20151220c.jpg
小分け容器ですが、使いやすい小穴があいています。きんぎょさんのお心遣い感謝です。

20151220d.jpg
自作のクリーニング棒に少し塗りつけて、レールをなでていきます。すぐに揮発しないらしいので、このくらいのエンドレス一周(R730+S369×3)くらいは補充なしでいけるでしょう。

20151220e.jpg
なかなかの効能とお見受けいたします。作業中の柑橘臭はそれほど強く感じませんでした。終了後に石油臭もあるらしいですが、それもユニクリーナーほど強くは感じません。線路に近づいて嗅げば感じるくらいです。リモネン系接着剤の方が柑橘臭が強い感じです…が、接着作業は顔近くでやるので、臭気の感じ方は作業環境によるでしょうね。


2015年12月20日 15:00 | コメント(2) | 模型技法
この記事へのコメント
GOO GONE早速試していただき、ありがとうございます。
Posted by きんぎょ/中澤 at 2015年12月22日 08:54
きんぎょさん、ご提供ありがとうございます。
Posted by ヤマ at 2015年12月25日 00:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。