2017年01月26日

ビビり振動

9300系の走行で気になることがあったので、記録をしてみました。

中間のT車に乗車していると、90Km/h程度以上の速度で、ビビり振動が発生するのです。24日乗車の9980号で発生を確認したのですが、記録をすることができず、本日乗車の9872号でも同様に発生したので、音声で記録することにしてみました。
カメラの動画モードで撮影録音、サウンドファイルだけを取り出してMP3形式で掲載してみました。

茨木市駅発車から相川駅通過までに編集して掲載しています。茨木市発車後に速度が上がってくると、車体に振動が発生して、それによりドアが振動してカタカタと音を立て始めます。南茨木付近で非常ブレーキがかかって速度が低下しますが、また加速して速度が上がるとビビり振動は続きます。相川付近まで100〜115Km/hで走行するので、ずーっと振動が続くのです。
T車なので走行音は静かなのですが、この振動は残念な現象です。しかし帰りに乗った9887号では特にこのような振動はありませんでした。また、1/18乗車のMc車ではこのような振動はなかったように記憶しています。他の系列ではどうなのか比較材料は今のところありませんが、9300系T車の台車と車体の相性?というようなものなのか、もう少し記録を重ねて見たいと考えています。
まー、こんなこと気にして乗車してる人はいないでしょうなー…

20170126b.jpg
写真は2017.01.25撮影 大阪モノレール 万博記念公園−モノレール山田
山田−北千里間を走行中の千里線上り電車車内から撮影。

乗車記録
醍醐8:17東西線5616烏丸御池
烏丸御池8:41烏丸線3722四条
烏丸8:49特急9872淡路
淡路9:29普通7400北千里9:49  1h32m
北千里16:27普通7860淡路
淡路16:48特急9887烏丸
四条17:27烏丸線3706烏丸御池
烏丸御池17:32東西線5104醍醐17:54  1h27m (最短か?)
タグ:阪急9300系
2017年01月26日 23:00 | コメント(2) | 阪急
この記事へのコメント
ヤマさんこんにちは、
車号まで確認したわけではないのですが、以前に感じたような記憶があります。同じ音なのかどうかはわかりません。
最近は当たり前のように乗車しているだけで気にしてないですが、9300が登場時に細かい音に気付きました。
従来の車両と構造が変わったのでしょうか、アルミ材か「カチカチ」「カリカリ」というような音でした。
さすがに録音していませんが、普段は音楽プレーヤーが代わりにタスカムを持っているので、珍しい音の車号だと録音したことがあります。
当方は親子してこの方面が好きなので、リアルタイムに情報交換していた時期がありました。
最近は通勤時に頭の中は図面のこと考えていたり、スマホに入った資料を閲覧していることが多いので乗っている車号にまで興味が向いていないのです。
ただ、最近のボルスタレス車は乗り心地が好きではなく、気が付いたら車号を確かめています。
いつも特定の場所で揺れるのが気になったりと。
Posted by すずきみつる at 2017年01月27日 08:42
これは不快な振動ですね。
 あくまで推察の域を出ませんが、卓越振動数が数ヘルツで、速度に依存せずに一定というところから、車体の固有振動という目星はどうでしょうか。経験的には軽いT車で出ます。それ以外の条件は乗客と床下機器が少ないことです。人体は意外と良好なダイナミック・ダンパーになんです。このあたり、注意して記録されると面白いと存じます。
 対策は、数百kgの鉄塊を床下にゴムを介して吊るすって、軽量化に腐心した担当者には辛い!
Posted by ワークスK at 2017年01月27日 10:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。