2017年05月21日

コンソリ修理

運転会で走らなかったHOn3のD&RGW361号を見ることにします。

20170521a.jpg
とりあえず機関車本体側を上下分解。361号をバラすのは初めてかな。
ライトが点灯するので通電はしているようです。モーターから駆動部分を見ることにします。

モーターに電源を直結して回してみると、潤滑切れ的ではありますが何とか回るようです。

LPSオイルをさして、数分間回してみました。線路に乗せると状態によってはショートしたりしてます。ブレーキロッド回りがぐらついていて、接触があるようです。こんなときローラー運転台があると良いのでしょうね。

ブレーキ回りを修正してショートもなくなったので、線路で軽く試運転。

20170521e.jpg
しばらく動かしてないのも原因の一つのようなので、エンドレスのロングランをしてみることにします。黒石のプラ道床線路で安定走行させたいところですが、R480では定尺の運転ボードに収まりません。床にプラ道床線路を敷いても良いのですが、車輛を乗せるのが面倒なので、自作のR386エンドレスを敷きました。

361号は第2第3動輪がフランジレスなので、このカーブでも曲がってくれます。

20170521g.jpg
機関車本体上回りを取り付けました。

20170521h.jpg
運転ボードで小編成にして牽引試運転です。

一応、走行可能状態に戻ったかな、という感じです。

2017年05月21日 21:00 | コメント(0) | 1/87・10.5mm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。