2017年08月09日

江若ハフ-07

江若鉄道ハフ3のペーパーキット続きです。

20170809b.jpg
実物資料を調べてみました。昭和6年1月に日本車輛で製造されたガソリン機関の気動車です。車体幅が2600mmで、前に作った京阪の初代700形よりも広いのです。窓は一段窓で手荷物室付きのキニ3となっていました。昭和25年に機関撤去して改造を行い、ハフ3となっています。二段窓になったのは、機関撤去ハフ改造の頃と考えるのが自然ですが、資料記載が見当たらず、いつ頃か定かではありません。

20170809a.jpg
内燃動車詳細図集にも載っていたので、2つにページが別れていたのをコピーしてつなげました。ラジエータは荷物室側の乗務員室下部にあったようです。エンジンはブダBA−6という形式を搭載していたようです。

20170809c.jpg
床板の加工を行います。ボルスタに合わせて大穴を開け、すぐ横に回り止めピンを付けます。カプラー台は1.0mm厚真鍮板です。

20170809d.jpg
カプラーはkadee#711を付けてみました。

20170809e.jpg
ボルスタを1.7mm厚にしたので、ちょうど良い高さになりました。

20170809f.jpg
反対側も良いでしょう。

2017年08月09日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。