2017年08月15日

江若キハ14サウンド搭載

ペーパーの江若ハフ3の完成目標は9月の大阪合運くらいで良かろう、ということで一旦中断します。18日からのコンベンションですが、HOJC相武鐵道の名前で出展します。相武鐵道は基本DCCを使っているのでデコーダを搭載している車輛を走らせることになりますが、サウンドを搭載していないキハ14のデコーダをSDXN136PSに交換することにします。

20170815a.jpg
標準添付のスピーカでも良いのですが、一回り大きいのを取り付けることにします。キハ501と同じ大きさのスピーカです。

20170815b.jpg
分解するとDZ123が出てきました。上回りライト灰線はそのまま使えそうです。

20170815c.jpg
DZ123をはずします。

20170815d.jpg
SDXNPSデコーダ、スピーカの場所を検討中。

20170815e.jpg
シートを剥がしたりして検討中。

20170815f.jpg
スピーカ出力の穴をあけることにします。キハ501と同じにするプランで、糸鋸で角穴を開けます。一旦完成している車輛をこんな荒っぽい改造するなんて…という感じ。

20170815g.jpg
角穴完成です。プラ板でエンクロージャも作りましょう。

20170815h.jpg
スピーカとSDXNPSはこんな配置で行きます。

20170815k.jpg
この間にいろいろ作業ありますが、途中写真撮るのも面倒なので一気に搭載完了写真です。試しに音出ししてみましたが、キハ501と同じスピーカでも、サウンドトラックスのグースデコーダのような大きな音は出ません。

20170815m.jpg
車体を取り付けるとエンクロージャとしての効果があるようです。


2017年08月15日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。