2017年08月24日

客車の整備 2

切り妻青色客車の整備を進めます。痛みの激しい車輛です。

20170824c.jpg
モデルワーゲンのキット組立、オハフ46  2028です。台車側枠がはずれています。瞬間接着剤で付けていたのですが、エポキシで取り付けることにしました。

20170824a.jpg
オハフ46 2028  R353とポイントの通過を確認。

20170824d.jpg
モデルワーゲンのキット組立、オハフ45  2104です。サッシはずれ、ブレーキシュー破損などがあります。

20170824e.jpg
サッシは接着剤で取り付け。台車はスハ43からコンバートすることにしました。

20170824b.jpg
オハフ45  2104  R353とポイントの通過を確認。

20170824f.jpg
さてオハフ45 2104 へ台車を供出したスハ43 524の台車をどうするかです。TR11やTR34とかは在庫があるのですが、TR47がありません。そこでまたコンバートを思いついて、組立途中のWWスハ43からはずすことにします。塗装済み車体がスハ43 524、真鍮車体の組立途中がWWのスハ43で、台車は完成状態になっています。手前は状態の悪いTR47です。

20170824g.jpg
組立中スハ43から台車をはずし、スハ43 524へ取り付け。センターピンバネも軟らかいものに交換しました。

20170824h.jpg
珊瑚のキット組立、スハ43 524です。  R353とポイントの通過を確認。

20170824k.jpg
車輛棚に並べてみました。 夜ですが室温34℃超えてます。

2017年08月24日 23:00 | コメント(3) | 1/87・12mm
この記事へのコメント
やはり、台車側枠やブレーキなどは瞬間接着剤では、衝撃に弱いのでしょうね。メタルロックはいかがでしょうか?エポキシより強度がありそうですので台車などには良いと思います。もっとも、塗装済みの部品は、剥がさないと塗膜強度に左右されますが。。。
サッシは、何で接着されて居られるのですか?
Posted by 廣瀬 at 2017年08月25日 01:11
>廣瀬さん
コメントありがとうございます。
事情によって剥がれて欲しいときもある(どんなとき??)、というか無精な作業をしているだけなんですけどね。メタルロックは使ったことないなぁ。
サッシは木工用ボンドを使ったり、透明ゴム系を使ったり、いろいろです。何がイイですかね?
Posted by ヤマ at 2017年08月25日 22:47
「剥がれて欲しいときもある」←確かに!
そんな都合が良い接着剤、欲しいですね。

サッシ、窓ガラス、ナンバープレートなど、塗装後の接着は、木工用ボンドが多いです。塗装後の重量部品(と言っても床下器具程度ですが)は、耐衝撃性能が良いと謳われている、シリコン系のセメダイン・スーパーXも使っています。ゴム系は、数年でバラバラになるので、使わなくなりました。バラバラにならない使い方が有れば良いのですが・・・
Posted by 廣瀬 at 2017年08月26日 03:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。