2017年10月22日

日立整備

日立電鉄モハ13の整備をしました。
運転ボードのTillig線路のスプリングポイントを割り出すときに浮き上がり脱線するので、もう少し自重を増やします。

20171022a.jpg
車体内側にウエイトを兼ねてソフトメタルのシートを取付。実物は扉間全体にありますが、製品の長さだけ二しておきます。フクシマのロングシートAです。

20171022b.jpg
窓からはほとんどわかりませんね。

20171022c.jpg
床板にはIMONのウエイトを載せてみました。スプリングポイントの割り出しは非動力側が脱線しやすいので、非動力側も少し増量。

20171022d.jpg
自重110g → 146g に増えました。

20171022f.jpg
動力上重量は 82g。 このくらいで原宿レイアウトの勾配は登れるでしょう。


Tilligスプリングポイントの割り出しもできるようになりました。



2017年10月22日 22:00 | コメント(0) | 1/87・12mm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。