2018年02月18日

床試運転

フロアにIMON組線路を敷いてD51の試運転をします。

20180218a.jpg
前回と同じく、R732と直線S288×5本ずつの小判形エンドレス。適当な厚紙で簡単な勾配をつけてみました。

20180218b.jpg
まずは単機で周回テスト

まあまあヨシとしましょう。

20180218c.jpg
客車を牽引させてみますが、箱にしまっているのを出すのも面倒なので、車輛棚に出ているのを使うことにします。スハ32、スハ43、オハフ33の3輛ですが、棚置きのままだったので台車の整備もしてなくて、コロガリがよくないようです。

勾配も何とか登れるようです。D51で3輛ですから楽勝で走って欲しいところです。

20180218d.jpg
さて、牽引数を増やしたいのですが、箱から出さないで、未完成車の抽斗から動員してきました。スハフ32を増結します。


客車がきしみ音を立てていますが、何とか走れるようです。

20180218e.jpg
もう1輛、未完成スハ32を増結します。
D51+スハ32+スハ43+オハフ33+スハ32+スハフ32です。

機関車の音がおかしくなってきました。勾配も苦しい。向こうの曲線に入ったところで、伝動軸が空転? モータは回っていますが、動輪は回らなくなっています。5輛で過負荷??

同じ編成をC56で牽引してみました。

速度は出ませんが、勾配もクリアして周回できそうです。

モータも大きくて、動輪上重量も重いD51ですから、C56寄りも牽引できて良いはず…。
20180218f.jpg
D51の伝動軸を再検討してみます。ボールジョイントの摩耗があって、駆動力が伝わっていないようです。やはりフクシマのジョイントに再登場願うことにしました。シリコンチューブはIMONではなく、乗工社原形装着品を使っています。
さて、これで先ほどの5両編成を牽引できるか??


何とか周回できるようになったようです。勾配も大丈夫でしょう。

20180218g.jpg
編成をもう1輛増結します。オロ36をオハフ33の次に入れています。


6連で周回できるようです。駆動力の伝動がうまくいっているようで、勾配も力強く通過できる感じ。

20180218h.jpg
最後に6連をC12で牽引してみました。


これがちゃんと牽くんですねぇ…。C12最強…?!

ようやくD51の走行に期待ができそうです。蒸機整備はこれで終わりにしたいところ。




2018年02月18日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。