2018年05月05日

電源改造

工作台の試運転などに使っている電源です。1982年に作ったもので、変圧器と整流器を入れていたのですが、数年前にスイッチング電源に取り替えました。

20180505a.jpg
スイッチング電源ユニットの出力は12V 2.5Aですが、内部の制御回路で1.5V程度の電圧降下があります。DCC車のアナログテストをするときには微妙な電圧なので、出力で12V以上出るようにしたいところです。

20180505b.jpg
定位置から引っ張り出して分解します。

20180505c.jpg
向こうは現行12V 2.5A電源、手前は取替用15V 2A電源。コンデンサが多い、大きい。容量的には同じ30VAです。

20180505d.jpg
進行方向切替スイッチも劣化してきていたので取り替えました。出力は線路用とクリップコード用の2系統を切り替えるようにしました。

20180505e.jpg
15V電源ユニットで、最高出力電圧は13.5Vです。

20180505g.jpg
定位置へ押し込んで作業終了です。


タグ:電源
2018年05月05日 23:00 | コメント(0) | 模型一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。