2018年10月18日

ドライバの劣化

8月に亡くなった義父の部屋を片付けるというので出かけました。妻の父ですが、家庭大工的なことも好きだったらしく、家具の転倒防止金具をつけていたりするので、取り外しに工具類を持って行きました。

20181018a.jpg
ここ一年ほどは使ってなかったので、久しぶりに出したVESSELのドライバですが、柄の持ち手部分が樹脂でできているタイプです。夏の高温の部屋で放置していた工具箱で、樹脂の劣化が進んだのか、ベタつくような手触りになっていました。ドライバとしての機能は問題ないですが、風通しの悪い箱の中で50℃近いような状態になっていると、こんなことにもなるんでしょうかねぇ。
布で拭き取って使いましたが、耐熱の「常温」として考えられているのが40℃くらいまでが多いので、昨今の夏の状態では、保管に気をつけないといけませんな。

乗務記録
醍醐9:10〜西賀茂10:15
西賀茂14:45〜醍醐15:35

タグ:工具
2018年10月18日 23:00 | コメント(3) | 模型技法
この記事へのコメント
私が持っているドライバもグリップがベトベトになってしまいましたが、密閉出来るケースに入れておいたものがそうなっているのですが、通気しないとダメというのは、工具としてどうなんだ?とは思います。
Posted by ム at 2018年10月19日 09:00
加水分解ですね。無水アルコールで処理してもベタつきが取れない場合は、交換された方が良いかと。
もしくはラケットのグリップ用の布テープで巻いてしまうかだと思います。
ご参考まで。
Posted by tama at 2018年10月19日 16:35
>ムさん
同じドライバを工作台のラックに置いてますが、このような劣化はありません。やはり保管状態の影響があるのではと思われます。

>tamaさん
コメントありがとうございます。柄だけ交換はできないので、工具ごと新品にするか、というところですね。

滑りにくくて良い持ち手なんですが、劣化してしまうと長所が短所になってしまいます。
Posted by ヤマ at 2018年10月20日 23:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。