2018年11月09日

ミント缶復活

動作しないミント缶DCCコントローラWでしたが、twaydccさんで対応してもらい、本日戻ってきました。


ケースはミント缶ではなく乗工社プラ箱ですが、もう少し加工してACアダプタのコネクタ差し込みに支障ないようにしました。また電源スイッチを少し浮かせてケース外から爪先で操作ができるようにしました。

20181109b.jpg
サウンドデコーダを搭載した江若キハ36でファンクションの機能を確認。


F0~F8までファンクションを切り替えてボタンを押せば機能することを確認しました。ボタンの数は少ないですが、うまく組み合わせて使えばかなりの機能が発揮できるようになっているようです。
とりあえず明日からの出張?に持って行きます。


2018年11月09日 23:00 | コメント(3) | 模型技法
この記事へのコメント
うまく治ってよかったですね。
やはりMPUが交換になったのですか?
Posted by ゆうえん・こうじ at 2018年11月11日 08:19
直ってよかったですね。
動画を拝見したところ、ボタンは少ないけど、結構使えそうですね。ほしくなってきました〜
Posted by 廣瀬 at 2018年11月12日 00:53
>ゆうえんさん
MPUの交換で戻ってきました。おそらく12Vがかかったので、耐圧を超えていたのかも。

>廣瀬さん
動かすだけにしてもなかなか便利です。もっと高機能ですがまだ使い切れてません。
Posted by ヤマ at 2018年11月14日 02:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。