2019年04月16日

緑化作業

京阪は棚へ戻して、線路作業の続きです。

20190416c.jpg
曲線モジュールのサイドに貼り付けました。

ここまでは材料のグランドマットを直線にカットして貼り付けるだけでしたが、曲線の上面はなかなか面倒です。

20190416a.jpg
曲線カット用のテンプレートのようなものを作りました。

20190416d.jpg
曲線部の上面を貼りました。ここで材料がなくなったので、半周分の上面はシナベニヤのまま中断です。

20190416b.jpg
抜き殻です。

20190416e.jpg
運転ボードに組み込んでみました。

タグ:模型線路
2019年04月16日 23:00 | コメント(2) | 模型線路
この記事へのコメント
複線間は・・・
バラストを貼り付けたシートを貼ってはいかがでしょうか?
水溶性接着剤だと、普通の紙だとヨレヨレになって難しいかもしれませんが、発泡スチレンボードならいけるのでは? と思いつつ実験したことはまだありません(汗;)
Posted by 廣瀬 at 2019年04月19日 14:56
組線路のバラスト表現はそれほど凹凸がないので、色だけでも良いかなと思います。で、その色がなかなか合いませんね。TILLIG線路の道床色は結構青系が強いです。
Posted by ヤマ at 2019年04月26日 17:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。