2019年10月01日

行ってきた大津歴博


20191001a.jpg
江若鉄道最後の頃の写真と、現在の同じ場所を比較展示したもので、びわ湖鉄道歴史研究会の担当展示です。

20191001b.jpg
こちらはDRFCクローバ会 西村雅幸氏製作の三井寺下駅モデルです。展示だけで模型の運転はありません。後ろのスクリーンにはスライドショウが上映されています。

20191001c.jpg
江若鉄道元社員さんとびわ湖鉄道歴史研究会の江若線路跡探訪ビデオが上映されています。

本日は公式行事で三井寺下駅周辺の現地見学会が行われる予定ですが、自分は時間の関係で参加できないため、個人的に浜大津まで歩いて、線路跡探訪してきしまた。
20191001f.jpg
三井寺下駅跡から浜大津駅方向へ歩きます。線路跡は「大津絵の道」として整備されています。

20191001d.jpg
大津絵よりもコレを探して歩きました。見つかりました。

20191001e.jpg
路盤の境界標、O と W の江若社紋入りです。

20191001g.jpg
観音寺西交差点へ出て来ます。江若鉄道線路跡の方向で撮影しています。
道路を斜め二渡って、疏水橋梁を渡っていきます。

20191001h.jpg
京都市の水源、琵琶湖疏水に掛かる大津絵橋ですが、ここに江若鉄道疏水橋梁が掛かっていました。廃止後、鉄道のスルーガーダー橋は撤去されましたが、線路跡整備の時に、江若の橋台を利用してこのような橋が架けられました。往事のスルーガーダー橋を思わせる良い整備例と思われます。

20191001k.jpg
また狭い家並みの中を通って浜大津駅へ向かいます。明日都浜大津というビルに入って、上の階へのぼって進むと京阪電車浜大津駅へ行くことができます。

乗車記録
醍醐9:56東西線5514山科
京阪山科10:11京津線801びわ湖浜大津
びわ湖浜大津10:27石坂線701大津市役所前
びわ湖浜大津12:31京津線804京阪山科
山科12:50東西線5106醍醐




2019年10月01日 23:00 | コメント(0) | 京阪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。