2019年10月23日

キワ90の製作_0

クモハ123の集電問題は置いといて、次の製作にかかる車輛を出してみました。

20191023a.jpg
MODELS IMON のJAMコンベンション工作課題車輛シリーズの2018年版、国鉄キワ90のキットです。コレの製作を飛ばして今年のキット、クモハ123を完成させてしまいました。

20191023c.jpg
箱が大きめでスペーサーが多くなっています。完成車用の箱がありません。

20191023d.jpg
車体のパッケージと輪軸、あとはエッチング板です。

20191023e.jpg
JAM発売の気動車シリーズになるわけですが、輪軸形状が気になるので出してみます。
フランジが高〜い! ミツトヨのアナログノギスで測ってみましょう。

20191023f.jpg
輪軸メーカー:ModelsIMON(ワールド工芸)
輪軸形状:両絶短軸軸端なしプレート車輪
輪軸材質:金属車輪金属軸プラ中空車軸絶縁
車軸長:
踏面径:10.5mm
フ外径:11.8mm
B:10.5mm
N:2.3mm
W:1.8mm
T:0.5mm
D:0.65mm
K:11.0mm
軸一体の挽物車輪をプラパイプの軸に差し込んだ輪軸です。軸端は無くて、内側の台枠で軸を支持します。踏面径は良いのですが、フランジが高く外形が大きくなっています。フィレットのRがほとんど無くて切り立ったフランジになっています。フランジ高さはD=0.65mmで、これまでのIMON製JAM新発売車輛シリーズの中で最もフランジが高くなっています。もしHmin=0.55mmのポイントの場合はフランジ走行になる可能性があります。
タグ:IMON キワ90
2019年10月23日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。