2019年12月25日

続々 TILLIG曲線分岐

TILLIG道床付組線路の曲線分岐続きです。

20191224e.jpg
車輛棚に並べていた貨車を出してきて、ED75+ワム7両+ヨ となりました。

20191224f.jpg
有効長ギリギリいっぱいの長さです。複線中心間隔は43mmです。

貨車の編成も問題なく通過できるようです。

で、久しぶりにTILLIGのサイトを見ていたら、新しい曲線線路が発売されているようです。
20191225a.jpg
R396 - 30° という曲線です。 R353+43=R396 なので、1段階大きい曲線線路ができたようです。
R353とR396で複線ができます。
1/87・12mm日本型でも通過出来る車輛が増えると思われます。

2019年12月25日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。