2020年04月13日

旧東海道線山科駅跡

旧東海道線山科駅の状況を地図で確認してみました。今昔マップ on the web を利用しています。

20200413d.jpg
明治42年測量 大正元年8月30日発行 二万分の一 膳所
山科駅をはさんで、西に旧安祥寺川、東に山科川の橋梁があったようです。

20200413e.jpg
大正11年測圖 大正14年10月30日発行 1:25000 京都東南部
大正11年測圖なので、大正10年東海道線は新線経由となった後の図です。伏見経由の旧東海道線線路は放置されて築堤が残っている状態です。山科川は流路が変更され、旧安祥寺川との合流地点も旧東海道線の北側になっています。

20200413h.jpg
昭和6年部分修正 昭和7年10月30日発行 1:25000 京都東南部
旧安祥寺川の流路が整備されて、蛇行がなくなりました。

20200413f.jpg
昭和39年修正測図 昭和40年4月30日発行 1:25000 京都東南部
名神高速道路が作られました。高度経済成長期の始まりですが、人家は上の昭和7年とあまり変わってないようです。

20200413k.jpg
現在の国土地理院WEB地図です。神社仏閣以外はほとんど人家になりました。

20200413g.jpg
最近の地図に大正元年発行地形図を重ねあわせたものです。青色が現在の川の流路です。



2020年04月13日 23:00 | コメント(0) | 実物鉄道一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。