2020年04月20日

ハ16ペーパークラフト

明治時代の三等客車ハ16のペーパークラフトを作ってみました。IORI工房さんのWEBに出ています。

20200420a.jpg
「A4の紙に印刷するとだいたい実物の1/80サイズになります。」ということなので、そこはちょいと調整してだいたい実物の1/87仕様に変更。

20200420b.jpg
普通紙で大きさ確認し、本番はケント紙で出力。カッターで切って組むだけなので途中写真は無し。
モデルワーゲンの私鉄ワフと並べてみました。車体断面は同じくらいになりました。実物の正確な寸法などは資料手持ちがないのでわかりません。

20200420c.jpg
高さもいい感じに揃った。

20200420d.jpg
長さはワム90000と同じくらいなので、前に作った軸受けをはめ込んでみました。

20200420e.jpg
バッファと油灯をペーパーを丸めて作ります。
紙の目がA4長手方向とすると、車体の曲げ、丸ものの曲げを考えた場合、並びを直角に変更した方が曲げやすいと思われます。

20200420f.jpg
とりあえず取り付け終わり。あ、しまった!妻板の取り付けを間違えました。妻板ステップと屋根ステップが対応してない。

20200420g.jpg
下回りの軸受けとかバネとかないけど、線路にのせてみました。

20200420h.jpg
気芸出版社 日本の車輛スタイルブック に図面があるのを思い出したので、92%に縮小してペーパークラフトをおいてみました。いい感じの大きさです。

20200420k.jpg
妻板と輪軸の具合は図面通りなるのがうれしいですね。台枠下のステップが出過ぎの感じがありますが、そいうえば1/80・16.5mm用設計をそのまま1/87に縮小したので、16番日本型状態の1/87下回りということになってしまった。そこへ1/87長軸用軸受、すなわち標準軌対応用軸受=16.5mmゲージ輪軸対応になっているものを押し込んだので、台枠が広がってステップも拡がり気味という結果です。
このあたりなら短軸の松葉スポーク輪軸でしょうねぇ…いやいや、沼に入りそうなのでもうやめときます。

追記
あとで100%印刷の台枠幅を測ったら21mmでした。これだと16.5mmゲージはキビシイ。13mmゲージ短軸にするなら入りそうなので1/80スケールそのものかなぁ。
ま、それなりの扱いということでよろしく。

2020年04月20日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。