2021年01月16日

KATO6番ポイント京阪走行

京阪初代700形について、製作途中で試走したときの記事で、脱線が生じるというのを掲載していました。 KATOユニトラックでも脱線することがあるという記事を書いていたので、所属クラブ内では、どんな条件で脱線が生じるかという研究が進められています。
まあ、今頃なんやねん、ということもありますが、線路と輪軸系の好きなメンバーが多いようなので、常に研究対象ということです。
5年前の再現性はあるのか、面白いと感じたら協力してみます。

20210116a.jpg
2015年のときとほぼ同じ線路で構成。R730PC枕木カント付き曲線とPC枕木直線、旧製品の6番ポイント。スペースの関係で直線が1本少ないので長手が短くなっています。

20210116b.jpg
2015年時は編成をどうしていたか記録がありませんのでいろいろやってみます。

左下←706 + 701→右上
台車  T T  M T
日光:D-14 軸距24.5mm 動力:WB24.5
ただし、製作当時のパワートラックは故障で動かなくなったので、別の手持ちのWB24.5に取り替えています。輪軸は日光製10.5mm径ナット止めスポーク輪芯プレーン軸、パワートラックは10.5mm径スポーク輪芯パワトラ用輪軸にそれぞれ交換しています。京阪700形は実物914mm径車輪なので、HOScale 1/87で10.5mm径車輪を使っています。

カメラの撮影側から見たときの編成
左← 701 + 706 →上
台車 T M  T T
KATOユニトラック6番ポイントは電動式ですが、今回は転換用の配線をしておらず、内蔵ポイントマシンを動かすことなくスプリングポイント機能を使っています。
分岐側へ入りますが、特に脱線は生じないで側線に入りました。

編成を変えてみます。
カメラの撮影側から見たときの編成
左← 706 + 701 →右
台車 T T  M T
分岐側へ入るとき、706号の両台車は問題なく通過、701号のパワートラックはフログを通過していますが、編成の最後部台車701号のパンタ側台車が脱線してしまいました。

20210116c.jpg
近寄ってみると、フログのところで台車の前輪軸が直線側へ進入してしまっているようです。

この編成のまま、カメラを近づけてもう一度分岐側へ走らせてみます。
やはり701号の最後部台車の前軸がフログを割り込んでいます。

台車を調べてみると、動きが悪くなっているようです。マッハ孤影のLPSオイルを差してみました。

そのあと、先ほどと同じ向きの編成706+701で走らせてみました。

うーむ、先の脱線は台車可動部の影響だったのでしょうか? 速度を変えてやってみましたが、脱線しなくなってしまいました。 困った??
2021年01月16日 23:00 | コメント(3) | 1/87・16.5mm
この記事へのコメント
> まあ、今頃なんやねん、ということもありますが、線路と輪軸系の好きなメンバーが多い

はい、その内の一人です :-)
すんませんなあ、蒸し返しでぇ...

でも、日光の 2.4mm 厚車輪が脱線しやすいって条件をなんとか出したい今日このごろ :-<

まあ、健全な「後継者」も育ちつつあるから、HOJC の未来は明るいぞ、っと。まあ、I 氏には同年代の連中へのオルグをもっとしてもらわないとね。
Posted by 稲葉 清高 at 2021年01月18日 19:58
台車が軽く回転できないことによる、後の台車の
脱線は、おそらく以下のステップで発生すると
思われます。
1) 車体が右に曲がり、車体を中心に考えると相対的に、後の台車は左に曲がる。
2) 車体が前進し、後の台車がフログに近づくも、後の台車の左に曲がった状態は変わらない。
3) このまま、後の台車がフログにつっこみ、後の台車の前の輪軸がチェックゲージ不良で股割きになる。
なんどか、動画を見直してみましたが、このストーリーが一番ありえるのじゃないかな。

で、回転がなめらかになると、すぐ後の台車が前向き (レールと並行) に戻るから、フログで
逆にわりこまない、と...

で、私の持ってる日光の輪軸と、ユニトラのフログでは、むりやりフログ側に押し付けても、輪軸単位でも股割きがおきないんですよ :-< (ほんの 0.1mm とかの話だと思いますが)
Posted by 稲葉 清高 at 2021年01月22日 15:47
>稲葉さん
くわしい分析ありがとうございます。瞬間の出来事ではありますが、台車の動きがよく分かる解説です。
ところでナット止め輪軸と圧入輪軸は同じ動きと考えて良いのでしょうか。自分の京阪も圧入に変えてみようかな。今、手持ちはないので購入ですが、軸端1.4mmなら入ると思われます。
パワトラ用のギヤの割れた輪軸なら残ってますが、軸端1.2mmなので台車軸穴に対してゆるくて使えないかなと思われます。
Posted by ヤマ at 2021年01月22日 22:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。