2021年01月25日

叡電125号

まだ何とか続ける日付遊びネタ、嵐電と叡電を交代で出してきて順番では嵐電ですが、嵐電の125号は撮影できておらず、すでに機器流用で代替新造のモボ621形となっていてました。
そんなわけで引き続き叡電125号を出しておきます。

20210125a_19870328_img_0005.jpg
1987年3月28日  126+125  修学院車庫
山側サイド 床下は抵抗器と空気圧縮機

20210125b_19870328_img_0029.jpg
1987年3月28日  126+125  修学院車庫
川側サイド 床下は制御器と空気溜

デナ21形のパンタは全車出町柳側、125号は出町柳側が非貫通、鞍馬側が貫通になっています。
なお、山は比叡山、川は高野川で勝手に命名しました。

20210125c_19930302RDP2_0001.jpg
1993年3月2日 126+125  宝ヶ池
この日、早春の雪となって、京都市街地北部は積雪となりました。

20210125d_19930302RDP2_0008.jpg
1993年3月2日 125+126  貴船口
奥の方へ行ってみましたが、日が昇ってきて雪も融け始めました。

2021年01月25日 23:00 | コメント(0) | 叡電
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。