2022年09月05日

ツリカケ0系

JAMコンベンションの場で宿題を出されました。スマイルサウンドデコーダ75017SmileSoundMTC21です。

20220905a.jpg
まるいち氏は何やら電線をハンダ付けされているようですが、これはなかなかキビシイ作業のようです。そんなわけで保存箱の中で数日熟成させていたわけですが、ネットミーティングでMTC21なら0系新幹線にそのまま使えるのでは?? という話がとびだしました。
初期状態で旧国ツリカケサウンドが入っているらしいですが、0系も面白いということになり、やってみることにしましょう。

20220905b.jpg
2、4、6、10号車の26形M'車にモーターが入っています。メーカーの造形村からMTC21の新幹線0系サウンドデコーダが発売されていて、26形に登載するようになっています。6号車には純正のサウンドデコーダを登載しているので、それはそのままにして別の26形にツリカケを取り付けてみることにします。2号車はT化してあるし、4号車も駆動軸を外しています。なので残るはLokPilotをすでに登載している10号車です。

20220905c.jpg
取説で一応確認しておこうと、これを探し出すのに時間かかりました。

20220905d.jpg
まずは上下分解します。

20220905e.jpg
スピーカーの場所です。純正デコーダセットには大きなスピーカーがついていましたが、75017にはついてないので手持ちスピーカーから探しますが、こんな大きな角形は用意できません。

20220905f.jpg
しかもピンソケット接続になっています。いろいろ探していたらラッキーなことに2Pのせつぞくコネクタセットが見つかりました。スピーカーは15×25の角形があったので、コネクタからの線をハンダ付け。

20220905g.jpg
スピーカーケースの中に入れましたが固定sてないのでユルユルです。
コネクタをピンに接続。

20220905h.jpg
反対側のエンドにLokPilotがついています。

20220905k.jpg
75017SmileSoundMTC21に取り替えます。

20220905m.jpg
取り替えました。 LoPilotは保管。

20220905n.jpg
とりあえずそのまま音出ししてみます。


コンプレッサの音が旧国ですね。ATSとかも入っているようです。

かんじんのツリカケ走行音を聞くには試運転線は短すぎます。
そこでローリングロードを使ってみることにします。

20220905p.jpg
dccconcepts.comのローリングロードです。


加速音を期待したのですが、ローリングロードの回転振動がプラ道床に伝わり、道床がスピーカーボックスのようになってゴーという音が出てしまうようで、ツリカケ加速音はかき消されているようです。

やっぱりエンドレスを敷かないとあかんのかな。

2022年09月05日 23:00 | コメント(0) | 1/87・16.5mm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。