2011年02月11日

客車の整備 スユニ60

ジ5は塗装待ちで一段落したので、客車整備の続きを行うことにしました。

20110211c.jpg
PEMPのスユニ60完成品です。台車の突っ張りパイプ加工だけ行っていますが、プレーン軸車輪なので転がりはよくないです。先日ピボット化工事を行ったTR11と交換します。

20110211a.jpg
床下の配管を簡単に行いました。しかし、どうも様子がおかしいです。トイレ・洗面の場所に給検水ハンドルがきています。ここは流し管がくるはず・・・と本やネットで調べてみたら、座席車と同じ水タンクはついていないようです。サイドの写真には給検水ハンドルも見あたらないようです。台枠もスユニ60は魚腹台枠のUF219ということです。クマタ製作のPEMP客車は共通の床下機器で作られているので、ユやニのつく車輛では対応できないですね。

20110211b.jpg
それらしく近づけておくということで、ちょっと強引ですがハンダ付けで止めてある水タンクをはずしてしまいました。写真を参考に流し管パーツなどをつけました。魚腹台枠はパスです。
ところで、実物ではトイレ・洗面の水はどうなっているのでしょう?
2011年02月11日 18:59 | コメント(0) | 1/87・12mm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。