2011年02月12日

客車の整備 オハニ36

客車の整備続きです。

20110212b.jpg
PEMPの半完成品の組立オハニ36です。台車がバラキットで自分で組み立てる仕様になっていました。軸バネ可動TR52ですがプレーン軸短軸スポーク車輪なので転がりはもう一つです。しかし、TR11やTR23よりは良い感じです。
ホロはモリタ製品に取り替える予定、台車をどうするか思案中です。

20110212c.jpg
床下は他の座席車と同様な機器配置で、しかも車軸発電機がありません。TR52は台車枠に発電機をつけているタイプと床下からつり下げているタイプがあるようです。このモデルでは台車枠装備のタイプを想定しているのかと思われますが、台車側には装備されていないので車軸発電機なしという結果になっています。

20110212a.jpg
台車との関連でどうするかまだ確定していませんが、出雲客車区で撮影したオハニ36 10の写真を参考に床下装備の形で配管をつくりました。車体につけている番号がオハニ36 11なので、ほぼ近いものにすればよいだろうということです。
2011年02月12日 12:12 | コメント(0) | 1/87・12mm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。