2011年04月16日

浅野川線8000系導入の頃

ワークスKさんの北陸鉄道ブログ記事へコメントしたところ、自分の撮った写真の公開を期待されてしまいました。

この頃のネガは、まだスキャンができておらず電子データになっていないのですが、ポジで撮影した分をPhotoCDに焼いていたので、そこから何枚か掲載します。1996年9月29日の撮影です。架線電圧を1500Vに昇圧する前の状況で、京王3000系の導入が準備されている頃です。

20110416a.jpg
七ツ屋駅の引き込み線で整備を受けています。 後ろの高架は北陸本線で、金沢駅はすでに高架駅です。

20110416c.jpg
左 8811+8801   右 8911+8901  大型のスノープラウを取り付けているところです。 七ツ屋

20110416b.jpg
旧型車とともに内灘の車庫に入っているところ。 
左から3563   8902+8912急行表示   3501   3201急行
まだ600Vの旧型車で営業している頃なのですが、8000系も600Vで試運転をしていたのでしょうか。

20110416d.jpg
浅野川線へ来たら、やはりここですね。  3201+1211  粟ヶ崎−蚊爪
 
タグ:北陸鉄道
2011年04月16日 22:31 | コメント(1) | 実物鉄道一般
この記事へのコメント
これは貴重なショットですね。それに朱色とクリームの塗り分けがイイ色を出しています。
Posted by ワークスK at 2011年04月17日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。