2011年10月23日

運転ボードで動かす

運転ボードに線路をいろいろ敷いてます。
外側はFLEISCHMANNのHO道床付線路でR420の小判型エンドレスをつくりました。次のエンドレスはTomixの9mmファイントラックの小判型エンドレスです。ナローを動かしています。内側はTILLIGの12mm道床付線路ですが、直線がないので小判にできません。中央は16.5mmの飾り台です。

20111023a.jpg
しばらく動かしてなかった(数年)1/80の江若とか西京交通の車輛を運転してみました。何とか動きますが、車輪が汚れていて集電不良なようで、ガクガクとした動きの車輛が多いです。江若に至っては、ハフをつなぐとショートしてしまい、何と台車内で絶縁車輪の向きが揃ってないという、2線式DC運転の基礎からやりなおしです。棚に置いているだけなら関係なかったのですが、これはさすがに直さないとダメですね。

20111023c.jpg
それにしてもインサイドギヤの車輛たちを久しぶりに走らせると、スゴい音を立ててくれます。エンジンサウンドに近い音で走ります。停車時のアイドリングはないですが・・・。運転に使っているのは電源改造したECS-3Kですが、消費電流も1Aは普通に流れてくれます。向こうに置いているサガミモーターを搭載したキハ07は1.6Aくらい消費します。つぼみBテンダーのDV18Aが0.8Aくらいで起動するので意外と消費電流が少なかったりします。

20111023b.jpg
TILLIGの12mm道床付線路に珊瑚のC56を置いてみました。手押しでは何とか通過できる感じですが、今のところフィーダーをつないでないので、電気運転ができません。
 
2011年10月23日 19:33 | コメント(0) | 1/80・16.5mm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。