2011年11月04日

一筆書き通勤

醍醐8:24普通5609六地蔵
六地蔵8:38普通2823中書島
中書島8:46快速急行3054京橋
京橋9:23普通6052淀屋橋
淀屋橋9:33普通21115天王寺
阿部野橋9:51普通6033高見ノ里
高見ノ里16:00普通6067河内松原
河内松原16:03準急6061橿原神宮前
橿原神宮前17:07急行1246竹田
竹田18:12普通3721烏丸御池
烏丸御池18:33普通5115醍醐

スルッとKANSAI3dayチケットを買いましたので、通勤に使うことにしました。京橋〜天王寺はJRを使っているのですが、今日は淀屋橋まで乗って大阪市交です。

中書島から京阪の快速急行、良い位置に立つことができたので、前面撮影をしてみました。
20111104a.jpg
横大路曲線と名付けられているR300の曲線です。600V時代は制限速度65Km/hだったのですが、いつのまにやら5Km/hアップされて70Km/hになっています。カント変更とかされているのでしょうか。

20111104c.jpg
淀八番曲線から納所六番曲線へ。 R800で制限なしのため、かなり速度が出たところです。今は淀駅が高架化移動して工事区間になっています。

20111104b.jpg
高架化された淀駅へ進入。まだ全面的には出来上がっていないようで、最終的には淀車庫との連絡線や競馬臨対応用の折り返し線などがつくられるようです。

20111104d.jpg
八幡市駅へ進入。下り待避線の4番線は撤去されて、ポイントの場所は枕木バラストが新しいです。

20111104e.jpg
八幡市駅大阪側もポイント撤去され、枕木バラストが新しいです。

20111104f.jpg
橋本〜樟葉の小金川曲線〜久修恩寺曲線。線路と道路の間にある小屋は古くから存在します。少なくとも自分の大学時代に乗車していた頃にはありました。何の小屋かわかりませんが、もしかして京阪開業時からあるものかも・・・@_@

 樟葉から混んできたので、撮影は中止。
新3000系の快速急行ですが、スーッと加速するのですぐに90Km/hくらい出ています。600V時代の2200系とかではかなりなモーター騒音でしたし、ましてや2000系では性能一杯の速度です。
守口市を発車後、滝井駅付近で110Km/hで、あとは流して走ります。600V時代のツリカケ700系で、守口から野江までフルノッチ加速して120Km/hになったことがありましたが、まあそれは昔話で、今は余裕の走りですね。
 快速急行は中之島行きなので、京橋で待っている普通に乗り換えました。先頭車でかなりの混雑ですが、何と天満橋も北浜もまったく乗降の動きがありません。先頭車ではほぼ全員が淀屋橋まで行くんですね・・・。

 さて、仕事の帰りは橿原経由にしてみました。3dayチケットで遠回り乗車です。
20111104g.jpg
ナローの1067mmゲージ曲線ポイントです。南大阪線橿原神宮前駅。

近鉄橿原線〜京都線で京阪宇治線を乗り越え、8の字形の一筆書き乗車となりました。

--------------------------------------------------------
【追記】

 廣瀬さんからコメントをいただいたので、もう一つ写真を掲載します。

線路〜道路間の小屋は、この区間に2つあるのです。
20111104h.jpg
これは大阪市水道局楠葉取水場近くの小屋です。樟葉駅が移転、大規模な駅になったのは1971年ですが、たしかその頃に直線に線路移設されています。その前は小屋近くを通るS字曲線になっていました。

小金川曲線〜久修恩寺曲線の小屋と、楠葉取水場近くの小屋の二つです。航空写真でもわかると思います。
2011年11月04日 23:29 | コメント(4) | 京阪
この記事へのコメント
小金川曲線〜久修恩寺曲線の建物
入口は道路側に有るようで、鉄道っぽくないですね、河川関連の倉庫とか?と地図を調べたら・・・ 

幹線道路から下に下りる脇道が建物の向こう側に有るみたいです。その脇道は、京阪本線の下をくぐって、取水場の入口の正面に辿り着きます。
近くに有る大阪市水道局取水場の管理施設(ポンプ小屋?)とかでしょうか? そうだとすると、かなり古くから建っているものかもしれません。
Posted by 廣瀬 at 2011年11月05日 00:04
廣瀬さん、コメントありがとうございます。
大阪市水道局楠葉取水場近くの小屋は、地図や航空写真で見ると、昔の京阪線路跡に建っているような感じです。京阪の線路は完全に堤防沿いでカーブしていたのですが、線路移設時に小屋も動かされたのかも。それとも取水場関係の都合で線路移設かもしれません。
Posted by ヤマ at 2011年11月05日 09:13
Mapionの1/1500を見ると「樟葉第1、第2水防用具庫」ではないかと?
淀川左岸水防事務組合/樟葉水防区の設備らしいです。http://www.suibo-osaka.or.jp/
組合の設立は大正8年11月で京阪電車の開業明治43年よりは後ですが建物はどうなのでしょうか?
Posted by きんぎょ/中澤 at 2011年11月05日 09:21
中澤さん、コメントありがとうございます。
ネット検索で調べてみると結構何でもわかるものですねぇ。線路ができてから、道路との間に小屋を建設したとすると、電車の走らない夜間工事でしょうか。あの位置で電車を走らせながら工事するのは、かなり危険な感じですが。
Posted by ヤマ at 2011年11月05日 10:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。