2012年01月15日

10系客車

FABの10系客車ナハ10とナハフ11です。

10系のインレタを探したら、FABさんの純正品?が見つかりました。非常に繊細で、何がどこに書いてあるのかわかりません。定員80と定員88の違いなど、ルーペで拡大しながらようやくわかりました。
20120115c.jpg
これは寝台車用です。

さて何番にするかですが、下回りを電気暖房対応仕様にしたので2000番台をつけることになります。2000番台は主に北陸・東北系へ配置されていましたが、東海道・山陽スジの急行編成にも対応したいので、大ミハ所属で進めたいところ。1973年版の配置表で調べると、
ナハ10 2011 2012 2013 2014 2019 2020 2106 2107
ナハフ11 2006 2007 2015 2016
となっています。0・1・2がたくさん必要ですが、インレタには多めについているので、まあ失敗してもやり直しがきくでしょう。
結局、ナハ10 2013 と ナハフ11 2016 で行くことにしました。でも肝心の大ミハのインレタがありません。妻板の検査表記もないです。ここはイチからデカールを作る時間も使いたくないので、ヒキダシからTomixのストックに出てきてもらいました。もちろん1/80用ですが、何とか流用可能な大きさです。

20120115a.jpg
車番の数字を一個ずつ転写して並べるのはツラい作業です。やり直しもしながら何とか転写作業を終えて、クレオスの半光沢クリヤーをオーバーコートしました。

20120115d.jpg
マスキングテープを剥がしました。
 
20120115e.jpg
室内側です。

まだまだ作業は残っているので、今月中に出来たらまあヨシとしましょう。
2012年01月15日 20:40 | コメント(0) | 1/87・12mm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。