2012年02月12日

TILLIG線路の給電

運転ボードに使っていたTILLIGの線路ですが、給電をユニジョイナーにハンダ付けしたリード線から行っていました。しかし、分解時にユニジョイナーが二つに分かれるため、リード線の扱い的にはあまりうまくありません。曲線線路を加工して給電線路をつくりました。

20120212b.jpg
レール脇の道床に小穴をあけて真鍮線を通し、レールへハンダ付けしています。

20120212c.jpg
裏へ出した真鍮線とビニル線は直接ハンダ付けしました。道床内で浮き上がるので、プラで押さえるようにしています。
 
2012年02月12日 21:08 | コメント(0) | 1/87・12mm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。