2012年05月12日

待避線をつくる

昨日は芦屋のモデルバーンへ寄って、FLEISCHMANNのHO線路を購入してきました。曲線ポイントを使って運転ボードの線路配置を変更しました。
20120512y.jpg
FLEISCHMANNのプラン集などでは、曲線ポイントとR356.5を使った例を掲載していますが、R420を使いたいので現物合わせでつないでいきました。厳密な線路図ではずれが生じるのですが、実際の線路ではジョイント部で少しの融通がきくので、何とかR420エンドレスの途中に曲線ポイントを入れることができました。

20120512z.jpg
内側の待避線となる方は半端な寸法になるので、短い線路も使いましたが調整できず、手持ちの直線線路を糸鋸で切って接続しました。ジョイナーは製品のものが使えないので、シノハラの100番レール用を短めにして使っています。少しずつ調整の結果、105mm直線でつなげそうなので、次の機会に入手することにします。

20120512x.jpg
全体の接続の様子です。外側はR420のエンドレス、曲線分岐とR420、R356.5を組み合わせて内側へ待避線を作りました。

バックマンのHO蒸機4-4-0と2-6-0は一応曲線ポイントを通過できますが、4-4-0は動輪2軸がフログの絶縁区間に入って止まってしまうことがあります。
20120512w.jpg
4-4-0の動輪軸距が絶縁区間の長さより短いので、車輪としては通過できるのですが集電不能で止まります。逆方向の場合はテンダが絶縁区間にかかりますが、ボギーで4輪あるので何とか集電して通過できます。
2-6-0は動輪3軸が絶縁区間より長いので集電不能にはならずに通過しています。
2012年05月12日 23:30 | コメント(0) | 1/87・16.5mm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。