2006年01月22日

ダックスUテンダー機の復活

1月10日〜21日まで12日間連続出勤でさすがに疲れました。
今日はようやく家にこもる時間がとれました。遅い朝で、夕方までネットを見たりしていたのですが、少しやる気が出てきたので、模型に手をつけることにしました。

20060122b.jpg

 さて、これは珊瑚模型のダックスのテンダー機です。いつ、どこで購入して、いつ完成したのか記録がありません。しかし、1995年以前であることは確かです。
組み立てるときにスライドバーが折れてしまい、シリンダーブロックに穴を開けて押し込み、瞬間接着剤で取り付けてあったのですが、いつの頃か、はずれてしまいました。その後、修理をするつもりだったのですが、相当長く放置したままになっていたのです。
リオグランデミニランド客車の牽引に使いたいと思うので、0.6真鍮角線から新たにスライドバーを作りました。シリンダーブロックの穴を深めにあけて、エポキシ系接着剤で取り付けてました。
これで、バルブギヤは復活したのですが、モーターとギヤボックスを結ぶゴムジョイントが劣化してカラ回りします。パーツ箱をさがすとフクシマのシリコンジョイントが見つかったので交換。これでようやく復活することができました。
20060122c.jpg

詳しい修理の経過は「模型工作週報」に掲載します。

2006年01月22日 22:36 | コメント(0) | 1/87・9mm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。