2007年09月29日

火災警報器を取り付け

消防法が改正されて住宅用火災警報器の設置が義務づけられていますが、町内会の斡旋とやらで3つ申し込んだものが到着しました。
電池は内蔵されていて、起動ボタンを1秒間押すと音が出て作動を始めます。一度起動すると電源を切ることはできないことになっているようで、電池は10年間の寿命があるということです。

20070929.jpg
LDKと2・3階の階段天井に取り付けました。設置場所は自治体によって多少異なるらしいです。どのくらいの感度があるものかわかりませんが、機器がついていると一応安心というものでしょうか。
しかし、こんなものが動作するような状況になったら「すでに遅し」ですよね‥。

2007年09月29日 23:02 | コメント(0) | 管理人ノート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。