2013年07月22日

EMD E9Bの整備

明日の小運転会へ向けて整備をすることにしました。
20130722g.jpg
UP客車牽引用のE9A+Bですが、Bユニットに動力がないにもかかわらず、かなりの自重があるのです。Aユニットの動力への負担を軽くすることができるか、中をあけてみることにします。

20130722f.jpg
もうひとつ問題があり、床下機器のプラユニットが固定できず、はずれてしまいます。輸送時の衝撃でしょうか、固定ツメが破損しています。

20130722e.jpg
車体を少し拡げて引き抜くと、床下と分離できました。巨大なウエイトがのっています。その上に黒のウレタンがありますが、これは何でしょうか。

20130722d.jpg
ウレタンは両面テープで貼られていたので引きはがすと、ウエイトはネジで固定されているのでこれをはずします。ウエイトは174gありました。

20130722c.jpg
ウエイトのネジ穴を利用して床下機器をネジ止めすることにします。皿ネジを使う予定で穴をあけたのですが、長い皿ネジの在庫がなくて、とりあえずナベ頭ネジです。

20130722b.jpg
ついでにカプラーをマクヘンリータイプからKadee#14に交換しました。
これで組み立てましたが、元の自重338gからウエイトとウレタンをはずして162gになりました。ちなみに動力付きのAユニットの自重は540gです。

20130722a.jpg
E9Aの方もKadeeに交換です。

20130722h.jpg
運転ボードで試運転。Bユニットは台車がカプラーポケットに当たって、R420を通過できないので、Aユニットだけで動力試運転です。Aユニットは前にカプラーポケットがないので、前台車の振り幅が大きくとれるのでR420を通過できるのです。
A+Bの試運転は明日の運転会のR790でやることになります。Bユニットが軽くなって、その後ろに金属製客車を8両牽引する予定なので、どのような影響があるか楽しみです。
2013年07月22日 21:15 | コメント(2) | 1/87・16.5mm
この記事へのコメント
重量編成牽引時の浮き上がり防止なのでしょうかれど、念入りですね〜 もしかして、Bユニットの最小質量がNMRAあたりで規定されているのでしょうか? トレーラーの最小質量はどこかに規定されていますが・・・ さすがマイルトレインの国ですね。 ウレタンは??? 車体の異常振動防止でしょうか? ウェイトの脱落防止にはならないでしょうし・・・
Posted by 廣瀬 at 2013年07月23日 04:31
NMRAでトレーラーの重量推奨値はRP20.1にあります。
http://www.nmra.org/standards/sandrp/rp-20_1.html

Trans Pacific Railroad にも出ています。
http://works-k.cocolog-nifty.com/page1/2006/11/hw_42bc.html

HOの計算式だと、車体長を250mmとして
28.35×(1+0.0197×250)=168g
となり、ウエイトをはずした重量でちょうど良いくらいです。

Bユニットのトレーラーで特別に規定があるのかはわかりません。
Posted by ヤマ at 2013年07月23日 09:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。