2013年09月02日

東野キハ501

モデルワーゲンの東野キハ501続きです。ライトとベンチレータは結局見つからないので、ストックパーツを使うことにしました。

20130902d.jpg
ヘッドライトはエコーの1/80用100W前照灯です。LED点灯をする予定で、内部を少し深く掘りました。3.2mmドリルを手に持って、クルクルと回しただけです。配線を通す穴を0.7mm径であけました。ベンチレータは珊瑚の1/87用パーツです。

20130902a.jpg
いつ頃かこんなのを購入していたので、コイツを使います。チップLEDのハンダ付けをしないですめば楽です。プリント基板は20年以上前のものでしょう。

20130902b.jpg
基板を適当に小さく切って、10mAのCRDをつけました。配線の色をデコーダに合わせようとしたのですが、白コードはなかったので緑コードです。

20130902c.jpg
空中配線のまま接続して点灯テストします。

F7=Dimmer も動作するようです。

あとは塗装後の実装作業になるので、コードの長さ調節などはその場面でやることになるでしょう。

サウンドでよくわからないのは Engine Shutdown です。ファンクションに割り当てられてないので、どうしたらエンジンが止まるのか・・・。
F10〜F12もあるのですが、KATO D101 では制御できないのは残念です。

タグ:MW DCC 東野キハ
2013年09月02日 22:07 | コメント(0) | 1/87・12mm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。