2013年09月11日

東野キハ501/雄別コハ2

モデルワーゲンの東野キハ501・雄別コハ2続きです。キハのショートについて改善を行いました。

20130911a.jpg
テスターで状況を当たってみたところ、絶縁側車輪からの集電ブラシ取付部が枕梁と接触しているらしく、一旦分解して集電ブラシ取付部をちょこっと改造して、何とかショートは解消しました。放熱器と機関部も取り付けて形にしてみました。

20130911b.jpg
スピーカーボックスはジャーマングレイに塗装、デコーダの紫色シュリンクと動作LEDがけっこう目立つので、黒のハーネステープを貼ってみました。駆動側に少しスペースがあったので、鉛板で12gほど補重しています。
直流ですが通電テスト。

20130911c.jpg
キハの床下はこんな感じ。放熱器の配管がほしいところですが、取り外しができなくなりそうです。ユニット式にすれば可能かもしれません。大阪合運も近いので、このまま行くことにします。キハ04から江若C14形を作るときには考えることにしましょう。

20130911d.jpg
コハの下回りはこんな感じ。
 
乗車記録
醍醐7:52普通5511六地蔵
六地蔵8:08普通10004中書島
中書島8:20特急9502天満橋
天満橋9:02谷町線22618四夕
恵美須町16:10普通5906北浜
北浜16:22特急6053中書島
中書島17:04普通10654六地蔵
六地蔵17:13バス2600和泉町
 
2013年09月11日 23:55 | コメント(2) | 1/87・12mm
この記事へのコメント
ごぶさたしております。
これで下回りは完成ですか。
あとは上回りの塗装だけですね。
どんな風に塗るのでしょうか?
私は今突貫工事中ですが、果たして…。
Posted by やまぎし at 2013年09月12日 12:42
やまぎしさん、コメントありがとうございます。
突貫工事・・・って、やっぱりひそかに製作が進んでいたのですね。
掲示板の方にエントリーを上げといてくださいね。
塗色は国鉄交直急行色です。そう、江若鉄道です。クレンザー洗浄が終わったので、これから塗りに入ります。
Posted by ヤマ at 2013年09月12日 14:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。