2013年09月13日

東野キハ501/雄別コハ2→江若気動車

モデルワーゲンの東野キハ501・雄別コハ2続きです。

20130913a.jpg
ベンチレータと辺土ライトを塗装。車体は内側からマスキングして、プライマー吹き付け乾燥中。

20130913c.jpg
予定通り江若鉄道の塗色に塗ります。江若も年代によって塗色が変化していますが、1960年代の国鉄交直急行電車の色に塗ります。
江若鉄道は廃止されず、各地の気動車を寄せ集めてきて、湖西に定着して活躍する・・・という勝手な構想の鉄道が朱雀鉄道の原点です。

20130913d.jpg
窓回りと裾をマスキング。かなり時間がかかってしまいました。

20130913e.jpg
ローズピンクを塗ったところ。途中でエアブラシの不具合が発生し、ザラザラの塗装になってしまいました。

20130913f.jpg
やり直す時間もないので、とりあえず大阪合運へ向けて進めます。マスキングテープをはがしたら交直急行気動車が出現。
いやちがった交直急行色の気動車です。

20130913g.jpg
さて、番号をどうするか、キハ501はそのまま501としました。もちろん江若鉄道実物にはなかった番号です。
社紋は作りダメしてあったデカールです。

20130913h.jpg
コハ2はどうしよう。江若鉄道実物にはハフ2がいたので、2をつけると重複してしまいます。末尾に2をつけることにして、2013年で132・・・ちょっと長い・・・あーもう32にしとこう。実物にはなかった番号なので良かろう。

20130913k.jpg
塗装のザラつきは研磨紙で少し修正しました。あとはオーバーコートでごまかせるかな?

2013年09月13日 23:56 | コメント(0) | 1/87・12mm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。